飛行機のファーストクラスとビジネスクラス、エコノミーの違いをJALやANAで比較。

飛行機のファーストクラスとビジネスクラスの違い

憧れの飛行機の座席「ファーストクラス」や「ビジネスクラス」の違いについて。

エコノミークラスの飛行機にしかにしか乗ったことがなかった私は初めてビジネスクラス、そしてファーストクラスに乗った時にその違いに衝撃を受けたことを覚えています。

ドキドキしながら乗った初めてのファーストクラス、そこには同じ飛行機内でも…

中世の平民と貴族くらいの待遇の違いが存在しました。

一般的に飛行機の座席には大きく分けて3つのクラスが存在します。

  • ツアーや格安航空券などにもなる「エコノミークラス」
  • エコノミーの3倍程度の値段の「ビジネスクラス」
  • 限られた路線で運行する「ファーストクラス」

エコノミーとビジネスの中間のプレミアムエコノミーもありますが、少し中途半端な位置づけになるのでこの記事では割愛します。私が実際に3つのクラスの飛行機全てに搭乗した経験を基にして、ファーストクラスとビジネスクラス、そしてエコノミークラスの違いを比較していきましょう。

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

スポンサーリンク



飛行機に搭乗する前の違い

飛行機に搭乗する前の違い

座席クラスによって搭乗前の様々な事柄に違いがあります。

例えば航空券の料金だけでなく、空港で受けられるラウンジなどのサービスや預けられる荷物の量、搭乗までにかかる時間や経路が異なります。

航空券の料金の違い

航空券の料金は搭乗する座席クラスによって高くなったり安くなったりします。

例えば東京からパリまでのJALの片道航空券を調べてみると、エコノミークラスは5万円台から見つけることができました。それに対してビジネスクラスは約4倍の20万円前後です。

ただし、この違いで驚いていてはいけません。ファーストクラスはなんと…

130万円からでした!…( ゚Д゚;)ファ?

片道ですよ、片道の航空券の値段が100万円を超えるとは驚きですね。ファーストクラスの座席料金はエコノミークラスの10~20倍以上、ビジネスクラスの5~6倍という差額設定になっています。

チェックイン時のサービスの違い

チェックイン時にはファーストクラスやビジネスクラス利用者は手厚いサービスを受けることができます。

例えば下記のような例があります。

  • 専用チェックインカウンターの利用
  • 受託手荷物の許容量の優待
  • 保安検査場への優先レーンの利用

専用チェックインカウンターはかなり便利で、繁忙期の混雑する空港でもファーストクラスやビジネスクラスの乗客は長い列に並ぶことなく、チェックインすることが可能です。

またビジネスやファースト利用者は受託手荷物がエコノミークラスよりも許容量が大きいのが一般的ですね。航空会社によっては専用チェックインカウンターからそのまま保安検査場に進むことができるのでこちらでも並ぶ必要がありません。

ちなみに羽田空港の優先レーン「プライオリティレーン」は航空会社の上級会員かファーストクラスの搭乗券を持っていないと利用することができません。

ビジネスラウンジやファーストクラスラウンジの違い

さらにビジネスクラスやファーストクラスの人気の特典として「航空会社ラウンジ」の利用が挙げられます。

空港のラウンジと聞くとゴールドカードを見せれば入室できる「カードラウンジ」を思い浮かべるかもしれませんが、航空会社のラウンジは…

おもてなしのレベルが違います。(`・ω・´)キリ

美味しいお酒や料理だけでなく、マッサージやシャワーなどのサービスも完備しています。特にファーストクラスラウンジになると、職人が目の前でお寿司を握ってくれたり、ステーキを焼いてくれたりします。

機会があればJALファーストクラスラウンジやドバイ航空のエミレーツ航空ファーストクラスラウンジを利用してみてください。目からウロコが落ちて人生が変わるレべルのおもてなしを受けられます。

航空会社のラウンジはファーストクラスかビジネスクラス(一部プレエコでも可)の搭乗者だけでなく、運営する航空会社の上級会員も利用することができます。ラウンジを利用したいが為に、JGCやSFCという資格をとることを目標としたマイル修行をする人がいるくらいです。

スポンサーリンク



 

飛行機内の違い

飛行機内の違い

飛行機に乗っている時の座席や機内サービスにも違いがあります。

まず、客室乗務員1人あたりの受け持つ搭乗客の人数が異なります。そのため下記のような違いが発生しますね。

  • ファーストクラスやビジネスクラスはかゆい所に手が届くサービス
  • エコノミークラスは画一的なサービス

その他にも飛行機内での座席クラスによる代表的な違いを解説していきましょう。

座席やシートの広さの違い

座席は搭乗クラスによって広さが変わります。

同じ飛行機の中でもクラスによって大きく違う座席について、それぞれ見ていきましょう。

・エコノミークラスの座席
エコノミークラスは背の高い男性には多少狭く感じるシートサイズになります。女性が寛ぐには充分なスペースがあると言えますが、3列シートだとトイレに行く時に隣の人にどいてもらわないといけないかもしれません。

またエコノミーの座席はリクライニングしてもフルフラットにはなりません。ただし家族旅行の場合はエコノミークラスには席が近いという利点もあります。詳しくはJALエコノミークラス搭乗記をご覧ください。

・ビジネスクラスの座席
ビジネスクラスの最近の流行は半個室型のシート形状です。スタッガードシートを呼ばれ、ほぼフルフラットになるので快適に眠ることができます。路線によっては未だにシェル型の機材で運行している所もあるので、前もって航空会社の公式サイトで使用される機材を確認しておくと良いでしょう。

JALのビジネスクラスはスカイスイートと呼ばれる3つのタイプが主流です。実際に乗り比べてみたので下記の記事をご覧ください。

 

・ファーストクラスの座席
最上位クラスのファーストクラス、こちらはもう個室と呼んでも相違ないスペースを確保できます。世界的ブランドのアメニティが付いているのが特徴で、長距離路線の就寝時にはベッドメイキングをしてもらえます。

また座席も重厚な作りになっていて本革仕様が一般的です。モニターもかなり大きくなっていて、ファーストクラスにはドリンクバーが付いている機材が一般的です。

ファーストクラスはANAは国際線のみですが、JALは国内線ファーストクラスJAL国際線ファーストクラスの2種類が存在します。航空ファンの間で憧れと言われるのはエミレーツ航空のA380ファーストクラスでしょうか?

機内食やドリンクの違い

機内食やドリンクはかなりレベルが違います。

エコノミークラスの機内食がプレートにひとまとめになって出てくるのに対して、ファーストクラスやビジネスクラスはひとつずつ丁寧にサーブされます。

特にファーストクラスになると、好きな時間に好きなだけ注文することができます。私が初めてJALファーストクラスに搭乗してロンドンに行った時も、CAさんのおすすめ通りにメニューを端から端まで制覇した覚えがあります。

またドリンクもファーストクラスとビジネスクラスは選べる種類が豊富。1本数万円するシャンパンやワイン、プレミアム焼酎などを注文することができます。もちろん選択肢が多いのはファーストクラスですね。ちなみにエコノミ―クラスではシャンパンはなく、スパークリングワインが振舞われることが多いです。

CAさんのサービスの違い

エコノミークラスに乗っているとCAさんに「お客様」と呼ばれますよね?

ところがファーストやビジネスの場合は個人名で呼ばれます。しかも搭乗して席に着くやいなや…

「はにゃお様、ご搭乗ありがとうございます♡」

と、ご挨拶に来てくれます。特典航空券でファーストクラスやビジネスクラスに乗っていると少し恥ずかしさもありますが、サービスそのものは全く同じです。ぜひCAさんと仲良くなって、楽しい空の旅にしてみては如何でしょうか?

私がファーストクラスに搭乗した時は乗客が少なかったため、2人のCAさんが交代でおもてなしをしてくれました。とても良い思い出ですね。。

スポンサーリンク



 

飛行機を降りた後のサービスの違い

飛行機を降りた後の違い

ファーストクラスやビジネスクラスはフライトが終了してからも違いがあります。

入国優先レーンの違い

これは空港や航空会社によって違うのですが、ビジネスクラス以上の搭乗客に対して入国手続きの優先レーンが利用できるチケットが配られる場合があります。

アジアの空港などは入国審査が長蛇の列、ということが多いのでかなり嬉しいサービスと言えるでしょう。また優先レーンは出国時にも利用できる場合が多いです。

優先手荷物の違い

飛行機を降りた後に受託手荷物が優先的に出てくるタグが付けられています。チェックインの早い遅いに関係なく、プライオリティタグの付いた荷物は空港では最優先に扱われるため、荷物待ちの時間を短縮することができます。

一般的にはビジネスクラスには「プライオリティタグ」、ファーストクラスには「ファーストクラスタグ」が付けられて差別化されています。もちろんファーストクラスタグが優先的に出てきます。

このように飛行機に「乗る前」から「降りた後」まで、ファーストクラスやビジネスクラスは優遇されています。日常であまり利用する機会のない座席クラスだとは思いますが、機会があればぜひ利用してみてください。

タイ航空のファーストクラスのサービスに感動

タイ航空のファーストクラスでバンコクに行った時に凄いサービスを受けました。

飛行機から降りると専門のスタッフのお出迎えがあり、電気自動車に乗ってイミグレーションまで連れて行ってくれるんです。通常だと10分程度は歩かないといけない空港内をあっという間に移動することができました。

それだけでなく、荷物が出てくるときも座って待っていると持ってきてくれるという、至れり尽くせりのサービスでした。またバンコクからタイ航空のファーストクラスに乗るとマッサージのサービスもあります。このようにファーストクラスは航空会社によっては信じられないくらいのサービスが用意されています。

スポンサーリンク



 

 

ファーストクラスの裏技 JALマイルやANAマイルを貯める方法

JALやANAのマイルには「飛行機に乗る」「クレジットカードの決済」以外にも貯める裏技が存在します。

ビジネスクラスやファーストクラスの航空券は数十万~100万円超とかなり高額になっていますが、もっとお手軽にファーストクラスに乗る裏技が存在します。

それは…

マイルを貯めて特典航空券でファーストクラスに乗ることです。

JALマイルの残高

上記は私のJALマイルの残高になりますが、これはほとんど飛行機に乗らずに貯めることができました。もちろんクレジットカードの決済も利用したが、おそらくこの内の2万マイル程度だと思います。

479,581マイル、大量のJALマイルですね。

これだけあれば東京-ロサンゼルス間のファーストクラスの往復特典航空券にほぼ、4回交換することが可能、もちろんビジネスクラスのアップグレードも空席さえあれば可能です。

僕のようにマイルを大量に貯める人を世間では「陸マイラ―」と呼んでいます。そして陸マイラ―がマイルを貯めるために利用するのがJALやANAのマイルが貯まるモッピーというポイントサイトですね。

モッピーでJALマイルやANAマイルを貯めるとどんなことができるのかというと、貯めたマイルでビジネスクラスやファーストクラスに格安で乗ることができます。

JALやANAの搭乗記について詳細は記事を読んでください、マイルを貯めると特典航空券という選択肢が増えることに気づかれるでしょう。

・JAL国際線ファーストクラス搭乗記

・JAL国際線ビジネスクラス搭乗記

・ANA国際線ビジネスクラス搭乗記

モッピーは今なら当ブログのバナー経由で登録すると最大1,000円相当のポイントがもらえます。これだけでもJALマイル800マイル、ANAマイルだと810マイルに交換できるのでぜひ利用してください。

・モッピーでJALマイルを貯める方法はこちら

・モッピーでANAマイルを貯める方法はこちら

関連記事はこちらから

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です