「ANA塩対応」と「JAL神対応」の体験談~対応の悪いサービスの体験談、クレームにするほどでもない話~

JALとANAのサービス比較

飛行機に乗る時に必ず接するJALやANAのCA(キャビンアテンダント)、グランドスタッフの方々。対応や心遣いは人それぞれだと思いますが今回は私が体験した「神対応」「塩対応」について思った事を書きたいと思います。この記事は決してJALやANAへのクレームやサービスが悪いと言いたいのではなく、個人がJALとANAを利用した際にCAさんやスタッフの方の対応に感じた事を解説します。

スポンサーリンク


 

 

「神対応」、「塩対応」とは何か?

普段あまり使わないかもしれないので、言葉の意味は下記の通りです

(実用日本語表現辞典より)

 

神対応 読み方:かみたいおう
主に企業のクレーム対応などについて、驚き感心するほど行き届いた対応に対して用いられる表現。不具合製品の修理サービスに関する手際の良さや、配慮に満ちたサービスなどに関する最大級の好評価を表す語として用いられることが多い。

 

塩対応 読み方:しおたいおう

そっけない、愛想のない、冷淡な接し方を指す言い方。いわゆる「しょっぱい」対応という意味の語。
「しょっぱい」は主に味の塩辛さを表現する語であるが、この他に、表情などに不快さが表れている様子を指すことがある。「(相手を)舐めている」という表現が連想されている場合もある。

スポンサーリンク


 

 

同じ路線でJALとANAの対応を比較する

先日、所要で羽田‐小松間を往復する機会がありました。その際にスケジュールの都合で往路はJAL便、復路はANA便を利用するという変則的なフライトの選び方になりました。羽田‐小松間のフライトはかなり短くおよそ1時間程度なのでCAさんは大忙しです。そんな中で1回の旅程で2つのエアラインを比較してみました。

※これから書かれた事は全て私の個人的な体験談です、ご理解くださいませ。

 

JALやANAでサービスが悪いと感じたことはなかった

旅行や仕事でアジアを移動していると、LCCや他の国の航空会社に乗る機会も頻繁にあります。特に出張の帰りにJALやANAといった日系の航空会社に乗ってCAさんに「お帰りなさい」と言われると、とても落ち着くんですね。

今まで私はJALやANAのサービスが悪いと思ったことはありませんでした。今回は自分の体験談を基に、JALとANAの同路線でのサービスを比較してみようと思いました。

 

JALのCAさんの「神対応」について


JALステッカー

前述した様に羽田‐小松間のフライト所要時間は約1時間、ひと眠りすると着いてしまうという短~い距離でのお話です。(当然、貯められるマイルも少ないです)

 

搭乗後、離陸前に私の席付近を担当するCAさんに「出身地ステッカーを頂けませんか?」と、お願いしてみました。するとそのCAさんは慌てた表情で「この区間は時間が非常に短いので…集められるだけ集めてみます!(涙目)」と言ってせわしなく業務に戻って行きます。

 

そんなに忙しいのかなあ…と思っていると、短い路線がいかに大変かよく解りました。離陸してシートベルトサインが消えるとまるで戦場のようにCAさんが動き回ります。時間がない中で全席に飲み物サービスを行い、その後ゴミを回収。それが終わるとすぐにバタバタと機内販売を開始。時間がなさ過ぎて誰も買う人がいません。私が感動したのはそんなに忙しい中でもCAさん達は笑顔を崩さずに働いているところでした。プロってすごいですね。

 

そんなこんなですぐ「着陸態勢に入りますよ」というアナウンスが流れたところで、先ほどのCAさんが私のところに来てくれて、

「お客様、申し訳ありません。5枚しか集められませんでした」

との事。5枚も集めてくれた事に感動して心からお礼を申し上げて飛行機を後にしました。対応してくださったCAさん、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


 

 

ANAグランドスタッフさんの塩対応について

小松空港

そして翌日、今度は小松‐羽田のANA便に乗ります。その日はたまたま大きな荷物を持っていました。国内線で手荷物を預けた事がない私は機械でチェックインした後にカウンターに荷物を預けに向かいます。

 

カウンターに着いて「すみません、荷物を預けたいんですけど…」というとグランドスタッフの女性が「はぁ?」という表情を見せます。

 

「チェックインが済んでるならあっちの荷物カウンターですよ」

 

と、舌打ちが聞こえてきそうな勢いで言われたので、別のカウンターに向かいながら「きっと虫の居所が悪かったんだよね…」と自分に言い聞かせました。

 

荷物預けカウンターに着いて測りの上に荷物を載せて、質問に答え終わり、さあ行くかと思ったところで新人ぽいグランドスタッフがこう言います。

「お客様、荷物が1㎏オーバーしていますので中身を出してください。」

疲れていたのかもしれません、そう言われて私は不機嫌そうに荷物を出したと思います。ただ、今まで5㎏オーバーとかで揉めた事はあれど、1㎏オーバーで荷物を出すようにとか、超過料金を払えと言われた事はありませんでした。でもルールはルールですから守らなければいけませんね。

 

態度が悪いと感じてしまったANAのサービス

今回のANAのグランドスタッフさんの対応は決して「最悪だ」と言いたいわけではありません。ただ、慣れない空港で荷物を預ける場所を間違えた時の対応として「態度悪いなあ」と感じてしまいました。

JALが悪いとかANAが悪いという話ではなく、私がその日に空港で感じた「悪いサービス」と理解して頂ければと思います。

 

ANAの評判や評価に期待しすぎたのかも・・・

私は普段あまりANAには乗らないので、周りの友人がANAに乗った際の感想や評判・評価を聞いて楽しみにしていました。そういう意味ではANAのサービスに期待しすぎていたのかもしれませんね。

 

機内ではANAのCAさんの神対応、素晴らしいサービスでした

なんだか自分の中でイメージが悪くなってしまったANAですが、機内でのCAさんはとても親切でした。荷物が上棚に入らなかった時にしっかりと対応してくれたり(当然か?)着陸後もすぐに確保して持ってきてくれました。非常に好感が持てる対応だったと感謝しています。

スポンサーリンク


 

 

JALマイルを貯めることを推奨しよう

今回はたまたまANAのグランドスタッフさんの機嫌の悪い時にあたってしまったと思います。ANAのサービスや対応が悪いとは思ってはいませんが、あまり搭乗する機会がないので少し心に残ってしまいました。

私はJALのマイルを優先的に貯めているのですが、費用をかけずにJALのマイルを貯める方法の記事に興味がある方は下記の記事をご覧ください。

www.hanayao.xyz

 

まとめ:JALとANAの評判や評価について

航空会社で働く人達も同じ人間。機嫌の良い時もあれば悪い時もある、今回はそう思う事にしました。もちろん、レベルの差もあるんだと思います。誤解の無いように書くと今回はたまたま私が経験した事であって、逆の経験をしてる人もいるだろうし、「そもそもお前が悪いんじゃん?」という意見もあると思います。

私の友人のANAのCAさんは本当に素晴らしい人でいい仕事するんだろうなあと思っています、仕事してるところは見たことありませんが。

 

いずれにしても今回は私の個人的な体験・思いを文章にしましたのでJALが良いとかANAが悪いとかいう話でもありません。ただ、昔上司に言われた言葉が頭をよぎりました。

「評価は人がするものだ。」

 

関連記事はこちらから

  

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 地方空港のスタッフはANAやJALからの採用ではなく、空港での採用です。そこからANAやJALに振り分けられます。
    新人なら規則をしっかり順守するほうが正しいと思いますよ。
    上司から怒られるでしょうし

  • 僕が羽田と小松間をJAL優先で乗ってる理由をなんとなく分かっていただけましたか??小松のグランドさん大体知ってて何時もラウンジで旅行の話をしてますw小松ANAの駄目な所は大分要望を出して改善をして貰ってますがJALの方が良いです。

  • 同じ意見です。今回SFC修行でANAに乗る機会が多くなり、CAさんには思わないのですが、グランドスタッフはJALの方が良いですね。ANAが悪いと言う事ではなく、杓子定規の対応に感じます。それも何度も。自腹修行でしたら、やはりJALを勧めますね。

  • クレアさん
    コメントありがとうございます。
    すみません、うっかり返信忘れてました。
    クレアさんクラスの人がそう言われるのであれば、私が感じたこともあながちずれていないのかな?と思いました(;^ω^)

  • worldcup1998さん
    コメントありがとうございました。こちらも遅くなりまして申し訳ありません。
    私はまだSFC修行してないのですが、いつか始める時に同じ事を思うのかもしれません。修行頑張ってください(#^^#)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です