現役CA裏話!キャビンアテンダントが語るJALやANAのハワイ路線の本音。

日本が世界に誇るフルキャリアの航空会社であるJALとANA。先日、現場の最前線で働くキャビンアテンダント(CA)さんの話を聞く機会があった。

お相手は若い時から仲の良い友人のCAさん。彼女の仕事に対する真摯な向き合い方や、同じ世代なのに僕よりも大人びて見える姿はおそらく、くぐり抜けてきた修羅場の違いからにじみ出るものだろう。

僕はいち航空ファンとして、いや日系の航空会社のCAさんの大ファンとして聞きたいことが山ほどあるので幾つかの質問を彼女にぶつけてみることにした。

私服でも凛とした佇まいで黒髪の美しいキャビンアテンダントの彼女だったが、時おり言葉を選びながら、僕に本音を話してくれたように思う。

友人だからこそ聞けたのかもしれない、現役の美人CAの本音を綴りたい。

スポンサーリンク

 

現役CA(キャビンアテンダント)の本音トーク。JALやANAの機内サービスの裏話

飛行機に乗るといつも素敵な笑顔で機内サービスをしてくれるCAさん。「高値の華」というイメージが先行するが実際に美人なCAさんや可愛いCAさんを見かけることは多い。

陸マイラ―の僕は最近、仕事とプライベートで飛行機に乗る回数が増えていた。顔やスタイルはもちろん重要かもしれないが、CAさんにとっての最重要項目は機内での出来事に臨機応変に対応することやコミュニケーション能力になるだろう。

僕の旧知の友人はいわゆる美人CAさんにあたる。僕は彼女のフライト中の姿を一度も見たことがないが彼女の言葉遣いや時おり見せる相手への配慮、身だしなみのどれをとっても一流のキャビンアテンダントとしか思えない。見た目の美しさだけではないのは明白だ。

そんな彼女に僕は「いち航空ファン」としての疑問を容赦なくぶつけてみることにした。彼女は僕の質問に少し戸惑いつつも、慎重に言葉を選びながら的確に答えてくれた。

この記事は航空ファンの男性諸君に送るCAさんの本音トーク、優雅に泳ぐ白鳥は水の中では必至に足を動かしていることを実感してもらいたい。

 

CAさんのお仕事は肉体労働という裏話

CAさんは肉体労働

僕「CAさんのお仕事って楽しい?」

僕のいきなりの直球ど真ん中の質問に彼女は鳩が豆鉄砲を喰らったような表情を見せた。けれどもそれを見せたのはほんの0.5秒程度。すぐにいつも通りの落ち着きのある笑顔を取り戻してこう答えてくれた。

美人CA「何ていうか、私この仕事しか経験したことがないので時々解らなくなります」

彼女はとある地方都市の出身、親に内緒で日系フルキャリア(つまりJALかANA)の採用に応募してみたら受かってしまったそうだ。

僕が「それ、すごいことだよね?特に僕達の世代では」と言っても「どなたでもなれると思いますよ」と受け流す彼女を見ていると、CAであるということは彼女の人生そのもので特別なことではないのだと感じた。

けれども僕は知っている。彼女は間違いなく人生の大半をCAに捧げているプロだ。

そして話の中で彼女は次第に本音を吐露し始めた。

美人CA「実はCA業務って体力的に結構辛いんです。いつまで続けられるのかなって…」

思わず弱気な本音を露わにする彼女は、不規則な勤務体系や激しく揺れる機内での機内サービスの大変さ、搭乗する路線によって負荷のかかり具合の違いなどを僕に話してくれた。

 

CAさんが担当になると苦労する路線は「ハワイ」

ハワイ路線

僕「担当すると大変な路線ってあるの?」

僕は続けて少し答えにくいかな?と思いながらそんな質問をしてみた。

美人CA「ハワイ路線…特にエコノミークラスは大変です、休まる暇がないというか…」

詳しく聞いてみるとブログには書けないことがいっぱい出てきたが、とにかくハワイ路線は忙しいらしい。中距離路線ならCAさんも機内サービスの合間に休めると思っていたので意外な回答だった。

美人CA「ライトがまるでお星さまのように…キラキラとしているんです」

何のことだか解らなくて聞き返してみて納得した。CAさんを呼ぶコールボタンでお分かりになるだろうか?あれを押すと「ポーン」という音と共に頭上のランプが点灯する。ハワイ路線は消灯後もひっきりなしにコールボタンが押され、ライトがまるで星空のように輝いていると彼女は冗談交じりに説明してくれた。

 

ハワイ路線・ワイキキでの滞在時間は短い

僕は以前、ワイキキのホテルでJALのCAさんご一行に遭遇したことがある。その時に少しだけ話して分かったのは、彼女たちの滞在時間は24時間もないとのことだ。それでもその時に遭ったCAさんは僕にこんなことを言っていた。

「若い子達は今からビーチに行くみたいです(笑)」

僕が話したのは先任客室乗務員という白服のCAさんだったが、「私は今から寝ますけど…」と言っていた。

僕が泊まったワイキキービーチマリオットについての記事はJALのCAさん御用達のハワイのホテル、ワイキキビーチマリオットのお部屋アップグレード宿泊記を読んでほしい。

JALのCAさん御用達のハワイのホテル、ワイキキビーチマリオットのお部屋アップグレード宿泊記と評価。

2017.07.15

 

JALやANAの国際線ハワイ路線のエコノミ―クラスはまるで動物園?

JALやANAのエコノミ―クラスは動物園

ハワイ路線の機内が特別に忙しい理由を僕なりに考えてみた。

通常のJALやANAの国際線は観光客とビジネスパーソンが入り混じっていることが多い。中距離路線以上と考えるとアメリカ本土もそうだし、アジア・オセアニアもヨーロッパもそうだ。つまりハワイ路線だけが観光目的の搭乗客だけになる中距離路線なのだ。

おそらくハワイ路線は家族連れや団体客などが入り乱れている状況、僕が「まるで動物園みたいな感じかな?」と彼女に問いかけると

美人CA「そういう表現もありかもしれませんね♡」

と慎重に答えてくれた。ファーストクラスも担当するキャリアを持つ彼女ですら大変というハワイ路線、ハワイは特典航空券を目指す「陸マイラ―」の憧れの地でもあるが、そんなに大変なんだと少し考えさせられた。(※陸マイラ―についての解説は文末)

 

今まで客室乗務員として一番嬉しかったこと

一番嬉しかったこと

話が少し暗い方向へ行きそうになったので、今度は明るい話題を振ってみることにした。

僕「CAさんの仕事で、今まで一番嬉しかったことは?」

すると彼女はさっきとは打って変わった表情でこう話してくれた。

美人CA「お客様からお手紙を頂いたことです。そんな風に見えなかった方に○○さんのお陰ですごく楽しかったと言われて本当に嬉しかったです」

男性読者の諸君、聞いたか?

「○○さんのお陰ですごく楽しかった」(*´︶`*)

このねぎらいの気持ちを手紙でなくとも、CAさんに伝えると喜んでくれるのだ!

前回の記事ではどうしたらCAさんを食事に誘えるのか?を解説した。詳しくはCAさんの正しい誘い方の記事を読んでほしいが、この言葉も覚えておくとよいだろう。

美人CA直伝!JALやANAの客室乗務員をデートや食事に誘う正しい方法とは?

2018.03.04

 

それでもこの客室乗務員の仕事を続けたいという思い

客室乗務員を続けたい

話の流れの中で僕は彼女に「CAさんのキャリアを生かして転職するのもありではないか?」と聞いてみた。実際に世間には「元CAのマナー講師」とか「元CAの旅行ライター」みたいな活動をしている人がいる。

特に日系フルキャリアのJALやANAのキャビンアテンダントというブランドを前面に押し出せば、何らかの分野で活躍できるのではないかと感じたからだ。ブログの書き方くらいなら僕が多少教えてあげられるし…。

そんな僕の提案に彼女はこう答えてくれた。

美人CA「私、やっぱりCAの仕事が好きなんです。はにゃおさんはいつ会っても輝いてますね。」

彼女はいつも側にいる人への配慮を忘れない、そしてこう続けた。

「大変な時もあるけど、私もCAという職業を通じて輝きたいと思います」

そう答えた時の彼女の笑顔はキラキラと輝いていてとても眩しかった。

彼女は生粋のキャビンアアテンダント。僕は彼女に向って「今も充分に輝いているよ」と言いかけたけど、より高い目標を持っているであろう彼女の笑顔を前にして、そっと心の中にその思いをしまっておくことにした。

 

CAさんに出会うためにJALやANAに格安で搭乗する方法

CAさんとの接点を持つためにはJALやANAの飛行機にたくさん搭乗した方が確立は上がる。けれども日系フルキャリアの航空会社はそのサービスの高さに比例して、航空券の値段も高く設定されている。

そこでJALマイルやANAマイルは飛行機に乗らなくても貯める方法があることをご存知だろうか?下記は僕のJALマイルとANAマイルの残高だ。

JALマイルの残高
JALマイルの残高

ANAマイルの残高
ANAマイルの残高

JALとANAの両方のマイルを合計すると70万マイル近くになる。クレジットカードの決済で貯めようとすると7,000万円を使わなければ貯まらないマイル数だ。

マイルがあれば特典航空券でJALやANAに搭乗することができる。

あなたが支払うのは税金や燃油サーチャージだけなので格安で航空券を手に入れることができるのだ。

これは飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」と呼ばれる手法になる。これは一部の航空ファンの間では有名な方法で僕もこの方法を知ってからは毎月、数万マイルずつ貯めている。

このマイルの貯め方は誰でもできることがポイントだ。

JALマイルの貯め方はこちらの記事を読んでほしい。ANAマイルの貯め方はあちらの記事を読んでほしい。下記のリンクカードをクリックしてもらっても読むことができる。

【JALマイルを稼ぐ裏ワザ】JALマイルの貯め方の裏技、モッピーがおすすめな理由を解説。

2018.06.24

【2018年最新】無料でANAマイルを貯める方法。大量のマイルはポイント交換が重要

2016.11.17

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク

6 件のコメント

    • 通りすがりさん
      コメントありがとうございます。誤字は私の課題のひとつです、こうしてご指摘いただけるのはすごく幸せなことだと思います。
      頑張って誤字を減らしますのでまた見に来てくださいね。

  • おはようございます。
    いつも楽しく読ませていただいております。
    CAさんの貴重なお話ありがとうございました。
    マイル貯まったら動物園のエコノミーでハワイ行ってみたいです。笑

    • energyさん
      コメントありがとうございます。
      ハワイは陸マイラ―の第一歩ですよね~。ぜひ夢をかなえてください!
      ブログを拝見していると実現の日はすぐそこでしょうか?

    • 私も通りすがりさん
      ご指摘ありがとうございます!
      私の人生ずっと知りませんでした…
      ただちに修正いたしました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です