JALファーストクラスラウンジ旅行記 秘密の小部屋の利用方法 | 羽田空港のお酒や食事にJALのプライドを見た!

JAL国際線ファーストクラスラウンジ食事やお酒

日本が世界に誇る翼、JAL(日本航空)が提供する「JALファーストクラスラウンジ」は最上級のサービスを備えている空港ラウンジ。

JALファーストクラスラウンジの入室条件は非常に厳しく、JAL便の搭乗客の中でもごくごく一部の条件を満たした人のしか利用することができない。JALにとって選ばれた顧客しか利用することができないのだ。

それが故にJALファーストクラスラウンジ内でのおもてなしは、同じくJALが運営するサクララウンジとは一線を画すレベルとなっている。食事やお酒はもちろん、デザイナーとのコラボによる空間デザインはこれから始まる旅をより一層贅沢なものへと高めてくれることだろう。

一般的な日本航空のフライト搭乗客に公開されてないため、JALファーストクラスラウンジにはあまり知られていない秘密がある。

「JALファーストクラスラウンジには秘密の小部屋が存在する」

入室資格者のみに許された秘密の小部屋の利用方法が存在する。今回は贅沢の限りを尽くしたJALファーストクラスラウンジに潜入し、その全貌をレポートしていこう。

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

スポンサーリンク



 

JAL国際線ファーストクラスラウンジとは?食事やお酒、値段・料金と利用方法について

JALファーストクラスラウンジとはJALが運営する最上級クラスの空港ラウンジ。

空港のラウンジにはカード会社や航空会社が運営する様々なラウンジが存在するが、JALファーストラウンジをひと言で表現すると下記のようになる。

 

「日本の空港ラウンジの頂点」

 

つまり僕が知っている限りでは日本国内の空港ラウンジでJALファーストクラスラウンジよりも贅の限りを尽くしている場所は存在しない。

そしておもてなしレベルの高さに比例してJALファーストクラスラウンジの利用条件は厳しくなっている。どれくらい厳しいかというと一般の搭乗客が自力で入ることはほぼ不可能となっている。

 

羽田空港と成田空港にしかないJAL国際線ファーストクラスラウンジ

JAL国際線ファーストクラス専用チェックインカウンター

日本国内にJALファーストクラスラウンジは羽田空港と成田空港にしか存在しない。

これはJAL国際線ファーストクラスが日本国内では羽田・成田にしか就航していないという理由があるからだ。このことから本来は日本航空が運航する航空路線の最上位クラス、「ファーストクラス」の搭乗客を対象とし、さらにJAL上級会員の差別化として利用されていることが解る。

世界各国のエアラインのラウンジ状況を見ると、総じて自国のメインターミナルのラウンジには本気で注力をしていることが解る。羽田と成田のJALファーストクラスラウンジの存在は、日本航空が威信をかけて世界に自社のブランド力を示す場となっている。つまりこう表現しても言い過ぎではない。

 

「JAL国際線ファーストクラスラウンジ」=「JALのプライド」

 

そんな風に羽田空港と成田空港の2つにしか存在しないJALのプライド「JAL国際線ファーストラウンジ」への入り方を僕はずっと考えていた。

ちなみにJALには国内線ファーストクラスが存在する。国内線利用の場合のラウンジは「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を利用可能になっている。下記の記事にラウンジについても解説しているので興味があればご覧いただきたい。

・JAL国内線ファーストクラス搭乗記はこちち

スポンサーリンク



 

【利用条件】JALファーストクラスラウンジ入るにはどうすればよい?その利用方法。

JAL国際線ファーストクラスラウンジの利用方法

それではJALファーストクラスラウンジに入るにはどうすればよいか?その利用方法を解説していこう。

JALファーストクラスラウンジに入るには、限られた幾つかの条件のいずれかを満たす必要がある。

  • JALファーストクラスに搭乗する(ワンワールド便含む)
  • JMBダイヤモンドの資格を保有
  • JGCプレミアの資格を保有
  • ワンワールドエメラルドの資格を保有

※当初「ワンワールドサファイア」と記述しておりましたが、読者の方のご指摘で「ワンワールドエメラルド」に訂正いたします。ご指摘いただいた方々、ありがとうございました。

JALファーストクラスラウンジの利用方法は上記のように非常に限られた資格を保有していることが条件となる。JMBダイヤモンド・JGCプレミアは1年間の間に恐ろしいほどにJALの飛行機に搭乗しないと保有することができない。

ワンワールドエメラルドも同様にワンワールドグループの最重要顧客としてのステイタスになる。これらは一部の富裕層や出張族にしか縁のない資格だと言っても過言ではないだろう。

 

JALファーストクラスラウンジの料金・値段

ファーストクラスラウンジの料金や値段

先に断るとJALファーストクラスラウンジの料金や値段は存在しない。

敢えて言えば「JGC修行」と呼ばれるステイタスをひたすら取るために飛行機に乗る修行で、JMBダイヤモンドの資格を取るのに100万円前後かかる。また、JAL国際線ファーストクラスの料金は往復200万弱というのが相場となる。

たかがラウンジ、されどラウンジ…このラウンジに入りたいがために、費用をかけてJMBダイヤモンドの資格を取る強者も存在するという。それでも通常のラウンジのように料金や値段が設定されている訳ではなく、費用だけでなく時間も必要になるのだ。

 

JAL国際線ファーストクラスラウンジへの入り方、庶民でもできる利用方法

僕のような庶民でも可能なJALファーストクラスラウンジへの入り方はあるのだろうか?

先に説明した利用方法の中で僕にとって一番現実的だったのは…

 

「JAL国際線ファーストクラスに搭乗すること」

 

となった。

ただし、JALファーストクラスは往復200万円近い料金がかかる最上級クラス。そんなお金を航空券代に払える余裕はとてもじゃないが僕にはない。庶民の僕が取った方法は…

 

「特典航空券でJAL国際線ファーストクラスに搭乗すること」

 

となった。なぜならJALマイルは飛行機に乗らなくても、クレジットカードで決済をしなくても貯めることができる裏技が存在するからだ。

その時の記事は下記をご覧いただきたい。

・JAL国際線ファーストクラス搭乗記はこちらから

 

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開。下記のボタンをクリックすると詳細が表示される。

▶JALマイルの貯め方

スポンサーリンク



 

羽田空港のJAL国際線ファーストクラスラウンジ旅行記

JAL国際線ファーストクラスラウンジ入り口

僕はJALマイルで特典航空券を取ってJAL国際線ファーストクラスラウンジに入るという目標を達成することができた。

羽田空港のJALファーストクラスラウンジはひとつグレードが下のサクララウンジと同じ入り口になっている。受付を済ませた後に右にいくか、左に行くか運命の分かれ道となるのだ。

初めてJAL国際線ファーストクラスラウンジに入った感想はこうだった。

 

「あれれ?サクララウンジとそんなに変わらないぞ…?」

 

しかし、その時の僕の感想は甘いものだったことを先に言っておこう。サクララウンジとは決定的に違うJAL国際線ファーストクラスラウンジの全貌を紹介していこう。

 

JALサクララウンジとファーストクラスラウンジの違い

JALファーストクラスラウンジのエントランス

これは後から気づいたのだが、JALファーストクラスラウンジとサクララウンジの違いはラウンジへと続く廊下のデザインから始まっている。

モダンジャパニーズのエントランス

JALファーストクラスラウンジは入り口から「モダンジャパニーズ=洗練された和」を表現する回廊となっている。JALの公式サイトにはJALファーストクラスラウンジのエントランスに関して下記のような記述がある。

サクララウンジと同じく”モダンジャパニーズ”と”room to room”をデザインコンセプトに据えた空間は、屏風をイメージさせる美しいエントランスから始まります。和を象徴するアートを手がけたのは、日本を代表する左官技能士の挟土修平氏。出発前の慌ただしさを忘れ、空の向こうに思いを馳せる時間をゆったりとお楽しみ頂けます。
※JAL公式サイトより

実際、ラウンジ内部のインテリアに関してはサクララウンジと同じモダンジャパニーズの内装となっていた。但し、使われているイスやソファーは若干価格帯の高い物だと思われる。参考までにいくつかの画像を掲示しておこう。

JALファーストクラスラウンジの内装

リラックスエリアの画像、革張りソファーがイイ感じ。

JALファーストクラスラウンジのダイニングエリア

ダイニングエリアは清潔感の溢れるインテリアとなっている。

続いて気になるJALファーストクラスラウンジの食事や飲み物について解説していこう。

スポンサーリンク



 

JALファーストクラスラウンジの無料の食事や飲み物

JALファーストクラスラウンジの食事や飲み物について画像を交えて解説しよう。

まずアルコール類はビールやソフトドリンクは元より、ワインや日本酒、ウイスキーなどレベル高い銘柄の品揃えとなっている。

JALファーストクラスラウンジのお酒ビールサーバーコーヒーサーバーとソフトドリンク

お酒が好きな人もそうでない人でも、ゆったりと寛げる品揃えと言えよう。

つづいてラウンジの食事についてだが、JALカレーなどの基本的なメニューの他に小皿が多い印象だった。

JALファーストクラスラウンジの食事JALファーストクラスラウンジのサラダJALファーストクラスラウンジのパン

 

シェフが作るパンケーキが絶品

シェフが作るパンケーキ

JALファーストクラスラウンジのダイニングエリアではシェフが目の前で調理をしてくれる。

鉄板焼きのメニュー

上記が鉄板焼きのメニュー。朝食の時間はパンケーキ、夕食の時間帯は牛ミスジカットステーキを楽しむことができる。もちろん、定番のJALカレーも健在だ。まるでホテルのように食事を楽しむことができるのがファーストクラスラウンジのおもてなしと言えよう。

と、ここまでJALファーストクラスラウンジの素晴らしい内部を解説してきた、「JALのプライド」というにはいささか物足りない感があるのは皆さん同じだろう。実はこれだけではない、JALファーストクラスには他の航空会社のラウンジとは決定的に違う部分がある。

それは…

 

「秘密の小部屋」の存在があるのだ。

 

次の項で詳しく解説していこう。

スポンサーリンク



 

JALファーストクラスラウンジの真実「秘密の小部屋 RED SUITE」の存在

秘密の小部屋RED

羽田空港のJAL国際線ファーストクラスラウンジの一番奥にある秘密?の小部屋「RED SUITE」。

ここでは他の航空会社のラウンジとは一味違ったサービスを展開している。JALの公式サイトにはこのRED SUITEという小部屋について下記のように記述されている。

ラウンジの最奥スペースに誕生する特別に仕立てられた大人の空間「RED Suite」。
ライブラリールーム、ギャラリールーム、プレイルーム、バールームの4つのゾーンから構成。バーでは、日本酒の名店「はせがわ酒店」が厳選した名酒と、名メゾン「ローラン・ペリエ」のシャンパンを「リーデル」のグラスで楽しめます。 さらにライブラリールームでは世界最高峰のシューズブランド「JOHN LOBB(ジョン ロブ)」による靴磨きサービスもご提供します。旅立ちの前の身支度の一つとしてご利用ください。
※JAL公式サイトより

とにかく別格な「RED SUITE」だが羽田空港国際線ターミナルのJALファーストクラスラウンジだと場所が奥まり過ぎて解りにくい。知らなければ見過ごしてしまうこともあるだろう。

 

RED SUITEの場所や特別なサービス

RED SUITEの場所

RED SUITEの場所はラウンジの入り口から一番遠い場所にある。

知らなければ見落としてしまいそうだが、この場所にJALファーストクラスラウンジのプライドが詰まっていると言えるレベルのサービスが受けられる。そのサービスとは…

  • ローラン・ぺリエ他が飲み放題
  • 専門スタッフによる「靴磨きサービス」
  • JALの歴史展示のあるインテリア

とまさに豪華だ。

 

ローラン・ペリエ他が飲み放題

ローラン・ペリエが飲み放題

英国王室御用達のシャンパン「ローラン・ペリエ」がリーデルのグラスで飲み放題となっている。

アマゾンで価格を確認しても5,000円程度はする高級シャンパンが飲めるとあって、この場所で一気に何杯も飲み干す人が後を絶たなかった。リーデルのグラスに注げば通常ラウンジエリアに持っていくことも可能だ。

ローラン・ペリエ日本酒

日本酒もRED SUITE内ではワンランク上の物を取り揃えているようだ。いずれもリーデルのグラスで飲むことができる。

ローラン・ペリエのストック

圧巻だったのはローランペリエのストック。冷蔵庫いっぱいに高級シャンパンが詰まっているのは迫力があった。

 

靴磨きサービスに大満足

靴磨きサービス

そして僕が一番気に入ったサービスがファーストクラスラウンジ限定の職人による「靴磨きサービス」だ。

職人さんはすごく気さくな方で、無理を承知でスニーカーの掃除をお願いしたら快く引き受けて頂けた。

「靴磨きの料金はもちろん無料」

この一画はJALの歴史が展示されているので、待ち時間にローラン・ペリエを堪能しながら観覧することができる。旅の始まりにこのようなサービスを受けられるのはとても心地よいものだ。

 

羽田空港国際線のJALファーストクラスラウンジの感想

初めて利用した羽田空港にあるJAL国際線ファーストクラスラウンジの感想について語ろう。

日本を代表する航空会社の日本航空、通称JALが世界に向けて打ち出すJALファーストクラスラウンジは…

 

「想像以上に快適だった」

 

秘密の小部屋「RED SUITE」は海外の航空会社のラウンジに勝るとも劣らない。美味しいお酒が大好きな人に取っては打ってつけと言えるだろう。

ごく普通の会社員の僕が少しだけお金持ちの世界を覗くことができた、そんな印象が残った体験だった。またいつかJALマイルを貯めてファーストクラスに乗る時に再び利用してみたい。

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

スポンサーリンク



 

関連記事はこちらから

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • JALファーストクラスラウンジをワンワールドサファイアの資格で利用できる、
    という話は初耳です! 情報の出所は??

    ルビー(JMBクリスタル) < サファイア(JMBサファイア/平JGC) < エメラルド(JGCプレミア/JMBダイヤモンド)

    ↓oneworld Priority
    https://ja.oneworld.com/ffp-3kh/oneworld-%E3%81%AE-%E7%89%B9%E5%85%B8
    ↓空港ラウンジのご利用
    https://ja.oneworld.com/ffp-1t0/%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ae-%e3%81%94%e5%88%a9%e7%94%a8

    • ご指摘ありがとうございます、完全に間違えておりました。
      本文を修正させて頂きました。
      基本的なミスでお恥ずかしい限りですが、とても助かりました。
      ありがとうございました。

  • 老婆心ながら、ワンワールドの最高ステータスはエメラルドですよ。
    サファイアではファーストクラスラウンジには入室できません。

    • 老婆心のご指摘ありがとうございます。
      思いっきり勘違いしておりました。
      本文修正させて頂きました、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です