【マイ友プログラム紹介番号】ANAカードの友達紹介キャンペーン登録で最大15,500マイルを獲得できる裏技を公開

マイ友プログラムの紹介番号

これからANAカードを作る方は「マイ友プログラムの紹介番号」を利用しましょう。

ANAカードの発行時にあまり知られていない友達紹介の裏技をご存知でしょうか?

その名も…

「マイ友プログラム」というANAカードの紹介制度です!

この紹介制度を利用すると、VISAやJCB、アメックスという国際ブランドに関わらず、最大5,500マイルのANAカード入会ボーナスをもらうことが可能になります。

マイ友プログラムは知らないと損するANAカード紹介の裏ワザです。

マイ友プログラム

ANAカードは既存会員からの紹介でボーナスマイルをもらえます。ANAカード(一般)なら通常入会ボーナスマイルが1,000マイル、それにマイ友プログラム入会ボーナスマイルが500マイルで、合計1,500マイルをもらえます。

ANAカードは紹介制度を上手く使うと最大で…

15,500マイルを獲得可能になります。

マイ友プログラムは形式上、友達紹介になっていますが実際には「紹介番号」と紹介者の「紹介者氏名」を入力すれば大丈夫です。

  • マイ友プログラムの「紹介番号」と「紹介者氏名」
  • ANAカードの紹介での申込方法

上記の2点について解説していきます。ただし、マイ友プログラムで紹介を受けてANAカード入会のボーナスマイルをもらうためにはカードの申込みより先に「マイ友プログラムの登録」が必要です。

◆マイ友プログラム登録時の必要事項

紹介者氏名
タミヤ マキコ
紹介番号
00056551
申請用URL
マイ友プログラム申込みはこちら

上記のマイ友プログラム申請用URL、もしくは下記のボタンをクリックして登録をしてください。記事の中で詳しく解説していますが、マイ友プログラムはANAカードの申込みよりも先に登録する必要があります。

マイ友プログラムは
こちらから

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

スポンサーリンク



 

ANAカードの紹介「マイ友プログラムの紹介番号」とは?

ANAカードの友達紹介「マイ友プログラムの紹介番号」

マイ友プログラムでは紹介する人の氏名と紹介番号が必要になります。

既にANAカードを持っている人から紹介を受けることで、通常入会よりも多くのANAマイルを貯めることができます。紹介する人と紹介される人の両方がボーナスマイルを貰える仕組みになっています。

ちなみに友達紹介制度と言えども友達であることを証明する必要はないので、ANAカード保有者の「紹介者氏名」「紹介番号」が解っていればOKです。

 

友達紹介キャンペーンの対象になるANAカード

マイ友プログラムの紹介対象になるANAカードは下記の5つになります。

  • ANA VISAカード
  • ANA マスターカード
  • ANA JCBカード
  • ANA アメックスカード
  • ANA ダイナースカード

カード会社によって、入会キャンペーンをやっていたりいなかったりするので、予め公式サイトでチェックしておくとよいでしょう。ただし、マイ友プログラムの登録は申込みより前にしないといけないので、これから解説する手順に沿って登録を進めてください。

 

マイ友プログラムの紹介番号・登録手順はこちら

ここからはマイ友プログラムの登録手順を解説していきましょう。

マイ友プログラムはANAカードを既に持っている人から紹介されるという形式になります。

ANAカードを初めて発行する方は必ず登録しましょう。でないとANAマイルを損をします。

既存顧客からの紹介なので特典としてANAマイルをもらえるという訳ですね。

①まずマイ友プログラムのページを開きます。

マイ友プログラムは
こちらから
 

②下の画像のオレンジの「登録用ページ」をクリックします。

登録用ページ

③紹介者の名前と紹介番号を登録します。

紹介者の名前と紹介番号

紹介者氏名と紹介番号を入力する欄が出てきます。この欄に下記のように入力してください。

  • 紹介者氏名:タミヤ マキコ
  • 紹介番号:00056551

その後、登録者情報にご自分の名前と生年月日をご入力ください。

④登録完了

ANAカードへの入会申し込み

登録完了の画面が出ればマイ友プログラムでの作業は終了です。

スポンサーリンク



 

マイ友プログラムの有効期限

マイ友プログラムの有効期限は登録後3ヶ月です。

3ヶ月を過ぎてからANAカードを申し込む場合は再度の登録が必要になりますのでご注意ください。有効期限を過ぎるのを防ぐためにはマイ友プログラム登録完了後、すぐにWEBにてANAカードの申込み手続きをすることをおススメします。

 

その他の注意事項

注意事項は下記の通りです。

  • 既にANAカードを保有している人は対象外
  • 自分で自分を紹介することはできない
  • 家族を紹介することは可能
  • ソラチカカードも紹介の対象になる

ANAカードは家族間での紹介がOKになっています。またソラチカカードも紹介対象となっています。

 

ポイントサイト経由でANAカードを申し込む

ポイントサイト経由でANAカードを申し込む

マイ友プログラムに登録が完了したら次はポイントサイト経由でANAカードの発行です。

ポイントサイト経由でANAカードを申し込むと、現金やANAマイルに交換できるポイントが手に入ります。もらえるポイント数はその時によって異なりますが、公式サイトで直接発行するともらえないポイントなので、マイ友プログラムに登録したらポイントサイト経由でANAカードを申し込みましょう。

現在、ANAカードが掲載されているポイントサイトは下記の通りです。

  • モッピー…ANA JCBカード、ANA VISAカード、ANAアメックス
  • げっとま…ANA JCBカード、ANA VISAカード、ANAアメックス

 

ポイントサイトを経由してANAカードの申込みでもらえるポイントはなんと5,000円以上の時もあります。もらえるポイントはその時々で変動しますが、公式サイトで直接発行すると1円ももらえないので注意してください。

ポイントサイト経由の発行で獲得したポイントはソラチカルートを通じて81%の交換率でANAマイルに交換することができます。マイ友プログラムはもちろん、JCBやVISA、アメックスという公式サイトのキャンペーンやANA公式サイトのキャンペーンも併用できるので、ポイントサイト経由の発行は必須になります。

詳しくは2019年ソラチカルートの記事をご覧ください。

 

ANAカードの紹介はマイルの2重取り、3重取りが可能

ANAカードを発行する時はANAマイルの2重取りが可能です。

  • マイ友プログラムの登録
  • ポイントサイト経由のANAカード申込み

従来であれば、上記に各カードブランド(JCBやVISAなど)の独自のキャンペーンが加わり、ANAマイルの3重取りが可能になります。ただし、カード会社のキャンペーンは非常に流動的ですので最新の情報を常に確認してお申込みください。

スポンサーリンク



 

おすすめのANAカード

おすすめのANAカード

おすすめのANAカードは一体どれでしょうか?

たくさんの種類があるANAカードの中で、私が保有しているのは下記の2種類になります。

  • ANA VISAワイドゴールド
  • ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

貯めたANAマイルをスカイコインに交換する時に、優遇されるためのANA VISAゴールドカードが1枚、そして陸マイラーとしてポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートでANAマイルに交換するためのソラチカカードが1枚です。

基本的にはこの2枚があれば、ANAマイルを貯める準備はOKというところですが…

マイ友プログラムは最初の1枚しか適用されません。

もう何が言いたいかお解りですね?

マイ友プログラム

ゴールドカードと一般カードではマイ友プログラムでもらえる入会ボーナスマイルが、大きく異なりますのでご注意ください。紹介制度をフル活用するならば、ボーナスマイルの多いANAカードを先に発行した方が良いと言えるでしょう。

 

関連記事

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です