ビジネスクラス禁断のアップグレードの裏技 | マイルもお金も必要ないビジネスクラスへのアップグレード方法

ビジネスクラス禁断のアップグレードの裏技

ANAやJALのビジネスクラスのアップグレードの裏技のお話。良い子は絶対に真似しないでほしい。

飛行機に乗る時の快適な座席と言えばビジネスクラスが思い浮かぶ。ゆったりとした座席や広い脚元は快適そのもので美味しい料理やお酒など、エコノミークラスのそれとは一線を画すレベルになっている。

もちろんビジネスクラスの料金は高く設定されており、エコノミークラスに比べると3倍くらいするのが相場と言えるだろう。

そんなビジネスクラスに費用をかけずに乗る方法のひとつに「アップグレード」と呼ばれる仕組みがある。これはマイルや料金差額を払う方法もあるが、一番憧れとされるのが航空会社のサービスの一環として行われるインボランタリー・アップブレード(英語: involuntary upgrade)、通称「インボラ」と呼ばれる仕組みがある。

通常は上記のアップグレード方法が思い浮かぶが他の方法も存在する。今日はマイルもお金も必要ないビジネスクラスへの「禁断のアップグレードの裏技」について解説してみよう。

これは良い子は絶対に真似してはいけない裏技…今回はあくまでも「フィクション」として書かせてもらうが、もし貴方がこの裏技を実行した時は一切責任は取れないのでご了承いただきたい。

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

ビジネスクラス禁断のアップグレードの裏技、その方法とは?

JALビジネスクラスのシャンパン

ビジネスクラスに禁断のアップグレードの裏技が存在することをご存知だろうか?

エコノミークラスとは一線を画した座席や機内サービス、CAさんの担当する乗客人数も少ないので痒い所に手が届くサービスが期待できるのがビジネスクラスだ。

ビジネスクラスで旅をする利点は様々だが、僕が一番違うと思うのはエコノミークラスに搭乗した時とは「疲労の貯まり方が全然違う」と言う部分だ。特に長距離フライトで長い時間飛行機の中にいなくてはならない場合、到着後に感じる疲労感は比較にならないくらい少ないと思う。

その一方でビジネスクラスの料金は驚くほど高く設定されている。エコノミークラスの3倍の料金を支払う必要があるため、僕も何度かビジネスクラスに搭乗してきたが差額を支払って搭乗した経験はかなり少ない。

ちなみに僕がビジネスクラスに搭乗した時の記事を紹介しておこう。JALの場合はJALビジネスクラス搭乗記・おすすめの座席位置をご覧いただきたい。ANAはANAビジネスクラス搭乗記・マイルでアップグレードという記事になるが、やはり僕はANAマイルを使ってアップグレードして搭乗した。

僕は普段はこうしてマイルを利用してビジネスクラスにアップグレードしているのだが、今日の話はちょっとちがう。僕の友人から聞いた話だがJALやANAには…

ビジネスクラス禁断のアップグレードの裏技が存在するそうだ。

ちなみにこの記事ではJALやANAと言ったように特定はしていない。僕はどちらのビジネスクラスにも乗った経験があるがとても快適だ。詳しくは両社を比較したJALとANAどっちが人気か比較という記事を読んでほしい。

それでは「ビジネスクラスへの禁断のアップグレード」とは一体どんな方法なのか?あくまでもネタだと思って読んで頂ければ幸いだ。

 

ビジネスクラスへのアップグレード方法とは?

アップグレードしたビジネスクラスの座席

ビジネスクラスへのアップグレード方法は大きく分けて3種類になる。

アップグレードの方法を細かく解説するのは専門家に任せるとして、通常は下記の3種類を知っていれば問題ないだろう。

  • マイルやポイントでのアップグレード
  • 当日カウンターで現金(マイル)でのアップグレード
  • 航空会社が行うインボランタリ―・アップグレード(通称:インボラ)

マイルや現金でのアップグレードは事前に行うものと、当日の空港カウンターで行う方法に分かれる。インボラにも同じように事前に通達が来る場合もあるようだが、僕はインボラは全く持って未経験なのでよく分からないというのが正直なところだ。

いずれにしても「エコノミークラスの料金+α」でビジネスクラスに乗れるアップグレードというのはお得感は半端ない。それぞれのアップグレード方法を形態別に見ていこう。

 

マイルやポイントでアップグレード

マイルでビジネスクラスにアップグレードをする場合は戦略的に行動することが大切になる。

例えば同じ路線ならアップグレード枠が空いてる日程や時間帯の便に絞って狙ったりする。ANA(全日空)の場合は上級会員になるとアップグレードポイントをもらえるので、マイルだけでなくそれを使ってアップグレードすることも可能だ。

アップグレードの枠が空いてなくて空席待ちになる場合にも色々と考えて便を選ぶ必要がある。JALやANAのコールセンターに連絡するとアップグレード空席待ちが何人いるか教えてくれる。その人数と現在の有償ビジネスクラスの空席状況を鑑みて便を選択するのもひとつの方法になるだろう。

ANAでもJALでもマイルを使ったアップグレードは一番確実な方法になる。両社ともマイルは飛行機に乗らなくても、クレジットカードの決済に頼らなくても貯められるので下記の記事を参考にしてほしい。

・JALマイルの貯め方や稼ぎ方、大量マイルを貯める方法こちら

・ANAマイルの貯め方、貯める方法はこちら

 

インボランタリ―・アップグレード(通称:インボラ)

インボランタリー・アップグレード(通称:インボラ)と呼ばれるものは一番嬉しいアップグレードだ。

インボラは空港カウンターで言い渡されることや搭乗ゲートで発覚する「ゲートピンポン」などがあり、ツイッターなどで良く「インボラGET!」という喜びの声を目にすることも多い。前述したように、「予期せぬビジネスクラスへのアップグレード」を僕は経験したことがないが、その喜びが大きいのは間違いないだろう。

戦略はあってないような物だが、カウンターのスタッフが主体的に判断するとの情報もあるので、服装や言葉遣いなど好印象を与えることが良いとされている。また上級会員と一緒にチェックインして同時にインボラされたという話もよく聞くので試す価値はあるかもしれない。

ただし、僕の周りではJALもANAも特に上級会員のステイタスを保持してなくてもビジネスクラスにアップグレードされたという報告も多いので一概には言えないと感じている。インボラについては諸説様々あるが、自分なりの攻略法を探してみるのも飛行機に乗る楽しみのひとつになるだろう。

 

現金(マイル)でビジネスクラスに当日アップグレード

現金(マイル)を使ってビジネスクラスにアップグレードする方法もある。

東南アジアに行くことが多かった時期に現地空港のカウンターで見かけることが多かった方法だ。現金もしくはマイルの時と現金だけの時と2パターンあったように思える。最近、日本ではほとんど見かけないのだが、以前ロンドンでも見ることができた。

金額は2~5万円程度で区間マイル数(飛行距離)に応じて料金設定があるようだ。これは単純に早い者勝ちなので、当日アップグレード枠を狙って誰よりも早くチェックインカウンターに並ぶのも面白いかもしれない。

 

【禁断】ビジネスクラスへのアップグレードの裏技

ビジネスクラスのアップグレードの裏技

それでは禁断のアップグレードでビジネスクラスの座席を手に入れた話をしよう。

まず始めにこの物語は創作だということをお断りしておく。そうしないと誰かに迷惑がかかるかもしれないからだ。

ある日、僕の携帯にある友人からLINEで画像が送られてきた。

ビジネスクラスにアップグレードされた画像

このビジネスクラスのシートの画像を送って来たのは僕の友人のオカちゃん、僕が陸マイラ―を育成しようとした最初で最後の友人だ。彼はビジネスクラスの料金を払うほど気前の良い男ではない。どちらかというとケチなタイプなだけに僕は…

 

「なぜビジネスクラスにアップグレードされたのか?」

 

と驚いたのだ。ちなみにオカちゃんは航空会社の上級会員でもなく頻繁に飛行機に乗るわけでもない、ましてや女性に好かれるイケメンでもない。そんなオカちゃんでもインボラアップグレードを受けることができるとは不思議なものだと思った。オカちゃんについて書いてある記事は初心者陸マイラ―育成日記はこちらからどうぞ。

航空会社の上級会員についてはJALの場合はJALグローバルクラブと呼ばれている。詳細についてはJALグローバルクラブのメリットはこちらをご覧いただきたい。

 

インボラアップグレードではなく、なんと○○でビジネスクラスへ

僕は後日、オカちゃんにどうしてビジネスクラスへインボラアップグレードされたのか状況を聞いてみた。

するとこんな返事が返ってきた。

 

オカちゃん「インボラ…何でっかそれは?ワイ、アップグレードされたのちゃいますねん?」

 

僕「え、じゃあなんでビジネスクラスの座席に座れたの?」

 

オカちゃん「ああ、あれは単なる席替えですわな」

 

僕「せ、席替え…だと…?」 (( ;゚Д゚))ブルブル

そう、オカちゃんのビジネスクラスは「アップグレード」ではなく「席替え」だった模様だ。

 

席替えでビジネスクラスにアップグレードの裏技は許されるのか?

今回のようにエコノミークラスからの席替えでビジネスクラスへアップグレードする裏技は許されるのだろうか?

有名ブロガーのすけすけさんの記事によると、ANAでは搭乗クラスが異なる座席の交換はできないと書かれている。

おそらくどこの航空会社でも同じように異なるクラスの席替えは禁止されているはずだ。それではオカちゃんはなぜ席替えでビジネスクラスに座ることができたのだろうか?

 

究極のビジネスクラスへのアップグレード方法「成りすまし」

今回のアップグレードについてオカちゃんに詳細を聞くとこういうことだった。

  1. 空港で上司と一緒に出張の知人に遭遇(たまたま同じ便)
  2. 知人だけインボラアップグレードを受ける
  3. 上司がエコノミークラスなので困り果てている知人にオカちゃんが席替えを提案

運悪く上司を差し置いてインボラされてしまった知人、そしてそこに目を付けたオカちゃん。なんとも偶然が重なってオカちゃんはビジネスクラスへの禁断のアップグレード、つまり「席替え」を手に入れたのだった。

僕がオカちゃんに名前とかで気づかれなかったの?と聞いてみると、オカちゃんは屈託のある笑顔でこう答えるのだった。

アップグレードに喜ぶオカちゃん

オカちゃん「鈴木様って呼ばれたのでちゃんと返事しときましたわ、ぐふふ」

もちろんオカちゃんは「鈴木」という苗字ではない、知人の名前である。

以上が僕が聞いたビジネスクラスへの禁断のアップグレードの裏技になる。この話はフィクションだが良い子は絶対に真似してはいけない。

 

費用をかけずに大量のJALマイルやANAマイルを貯める裏技

ビジネスクラスへのアップグレード方法で一番確実なのはマイルで事前にアップグレードをする方法だ。

但し、それには大量のJALやANAのマイルが必要になる。「そんなにマイルを持ってないし…」そんな声が聞こえてきそうだが、実はJALやANAのマイルには「飛行機に乗る」「クレジットカードの決済」以外にも貯める裏技が存在する。

JALマイルの残高

上記は僕のJALマイルの残高になるが、これはほとんど飛行機に乗らずに貯めることができた。クレジットカードの決済も利用したが、おそらくこの内の2万マイル程度だと思う。

479,581マイル、大量のJALマイルだと思う。

これだけあれば東京-ロサンゼルス間のファーストクラスの往復特典航空券にほぼ、4回交換することが可能、もちろんビジネスクラスのアップグレードも空席さえあれば思うがままだ。

僕のようにマイルを大量に貯める人を世間では「陸マイラ―」と呼んでいる。そして陸マイラ―がマイルを貯めるために利用するのがJALやANAのマイルが貯まるモッピーというポイントサイトだ。

モッピーは今なら当ブログのバナー経由で登録すると最大1,300円相当のポイントがもらえる。これだけでもJALマイル1,053マイル、ANAマイルだと1,040マイルに交換できるのでぜひ利用してほしい。

↓ここから新規登録で最大1,300円分のポイントがもらえます
モッピーバナー
マイルの貯め方の基本はJALもANAも同じ、モッピーで広告を利用してポイントを貯める。貯めたポイントをJALマイル、ANAマイルのどちらに交換するかで交換ルートが若干変わってくる。

・モッピーでJALマイルを貯める方法はこちら

・モッピーで貯めたポイントをANAマイルに交換するソラチカルートはこちら

 

関連記事はこちらから

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

23 件のコメント

  • くだらない。なんの役にも立たない。しかも、たかだか6時間程度ならエコノミーで十分。アメリカやヨーロッパ行くならビジネスが良いけど、そんなもの普通にマイルでアップグレードするわ。必死こいてマイル貯めたり、飛行機にこだわるのは時間の無駄。そんなんだったら現地のホテルやレストランに金かけたほうがよほどマシ。

    • まさたさん
      コメントありがとうございます。
      そういう方もいると思いますが、飛行機に乗っていると「何に価値を感じるかは人それぞれだな」と感じます。
      ブログお読みいただきましてありがとうございました。

    • なんばさん
      コメントありがとうございます。
      あらすじが解りにくくてすみません…。
      なるべく解りやすく書けるように精進します。

  • 何が禁断なの? 真似したくてもできるわけないし、結局偶然のラッキーだっただけじゃん! 趣旨と内容全然合ってない、くだらない。

    • タズさん
      記事を読んでいただきありがとうございます。
      あくまでもネタだと思って読んでいただけると嬉しいです。

  • ただの運のいい出来事にすぎない。
    裏技でもなんでもない。
    タイトルに釣られた

    • 匿名さん
      ブログを読んでいただきありがとうございます。
      確かにラッキーな出来事かもしれませんね。

  • ネタ投稿に噛みつく事もないと思うけど(笑)

    最近は正当な理由(オーバーブッキングとか)なしにカウンターでアップグレードさせると最悪時失職しかねないから、いろいろ厳しいらしいですね

    俺は東南アジアでもプレエコ以上がいいなー。
    窓側だろうが通路側だろうが、トイレの手間が少ない

    • k-じろうさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんです、ネタなんですが…なかなか皆さん手厳しいなあと感じています。笑
      短くてもプレエコ以上は嬉しいですよね。疲れの貯まり方が全然違うと思います。
      ブログ読んでいただきましてありがとうございました(*^-^*)

    • 読者さん
      ブログを読んで頂きありがとうございます。
      また来てくださいね。

    • JJさん
      冒頭でもお断りしていますが、あくまでもネタとして捉えていただけると嬉しいです。
      ブログを読んでいただきありがとうございました。

  • ネタだ、といったら何でも出来るのかよ。
    ズルしてるだけじゃん。
    インボラされたくなければ、鈴木が断れよ。

    本当にクソみたいな連中だな。

  • Hanyaoさん
    いつも楽しく読ませて頂いてます^^
    オカちゃんさん禁断の裏技でビジネスクラス体験凄いですね!
    思わず笑ってしまいましたが、皆さんのコメントが激しくて驚きました(○_○:)
    それだけ必死なのでしょうか…

    私は2003年にJGC修行終わりかけの時、成田→NYをビジネスインボラして貰いました。
    それ以来ビジネスは無いので、最近ポイカツに目覚めて頑張っています♪
    まだまだ初心者で(@_@)してますので今後も宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です