美人CAが語る!ダイヤモンド会員の恥ずかしい真実 | JALやANAの最上級会員が客室乗務員にだけ見せる素顔とは?

美人CAが語るダイヤモンド会員の恥ずかしい真実

JALやANAといった航空会社のダイヤモンド会員という制度をご存知だろうか?

JALやANAといった日系の航空会社では利用頻度や金額、つまり貢献度合いに対して顧客を選別し「上級会員のステータス」を付与している。上級会員になると一般客とは異なる「上質なおもてなし」を受けることが可能になる。例えばこんな感じだ。

  • 飛行機への優先搭乗
  • 優先チェックインカウンター
  • 最上級の空港ラウンジ利用
  • 座席のアップグレード

上級会員の特典はまだまだあるが、空港や飛行機内で他の搭乗客とは一線を画した格別のサービスを受けることができる。

JALもANAも上級会員制度にはいくつかランク分けが存在する。その中でも最高峰なのが…

「ダイヤモンド会員」

と呼ばれる最上級会員の資格になる。

JALダイヤ、ANAダイヤなどと呼ばれる最上級会員は航空会社への貢献度合いも非常に高く、最高級のおもてなしを受ける。

CAさんから天上人の扱いを受ける、これはかなり羨ましい…。

最上級顧客として扱われるダイヤモンド会員だが、飛行機好きの仲間から一部の会員の良くない評判を聞くことがあるのだ。

それは一体何故なのだろうか?疑問に思った僕は友達の現役美人CAさんに取材を試みることにした。

職業柄際どい内容なので、取材を受けてくれるか不安だったのだが、彼女はこう言ってくれた。

CAさん「あら、おダイヤさまのお話ですね。いいですよ♡」

今日は僕が聞いたJALやANAの「ダイヤモンド会員の恥ずかしい真実」について語ろう。

もし、このブログを読んでいる人の中にダイヤモンド会員の方がいたら、そっと自分の胸に手を当てて考えてみてほしい。

人気記事PICK UP!

飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。

▶JALマイルの貯め方

▶ANAマイルの貯め方

スポンサーリンク



 

JALやANAのダイヤモンド会員とは?

JALやANAのダイヤモンド会員とは?

JALやANAにはダイヤモンド会員というVIP顧客が存在する。

ダイヤモンド会員はJALやANAの最上級ステータス、全体の搭乗客の内でほんのわずかしか存在しない自社への貢献度の高い顧客を特別扱いする制度のひとつになる。

ちなみにJALもANAも上級会員制度を数段階に分けている。これは一定区間に搭乗した区間マイル数によって異なり、当然ながら上位の会員資格を持つ方がサービスがよいのが普通だ。

ダイヤモンド会員の資格を取るにはかなりの費用を使って飛行機に搭乗した証なので、航空会社は懸命に囲い込みに走るので必然的にサービスや特典は他の顧客と差別化されていくのだ。

 

JALの上級会員制度「JAL FLY ON プログラム」

JALの上級会員制度「JAL FLY ON プログラム」

JAL(日本航空)では「JAL FLY ON プログラム」と称して1年間の「FLY ONポイント数」もしくは「搭乗回数」に応じたサービスステイタスを付与している。

ステイタスのランクは高い順に下記のように4段階に分かれている。

  1. JMBダイヤモンド
  2. JGCプレミア
  3. JMBサファイア
  4. JMBクリスタル

頭文字のJMBは「JAL マイレージ バンク」の略で、JGCは「JAL グローバル クラブ」の略称になる。JALの上級会員制度の詳細についてはJALグローバルクラブのメリットという記事で解説しているのでそちらをご覧いただきたい。

 

ANAの上級会員制度「プレミアムメンバーサービス」

ANAの上級会員制度「プレミアムメンバーサービス」

ANA(全日空)の上級会員制度は「プレミアムメンバーサービス」という名称だ。

JALと同じように「プレミアムポイント」の獲得数で会員ランクが決定するが、ANAはJALのように「搭乗回数」を採用していないのが特徴になる。

また会員制度のランク数も、ANAはJALよりもひとつ少ない3段階になっている。

  1. ダイヤモンドサービス
  2. プラチナサービス
  3. ブロンズサービス

どちらも期間は1年間、通常は出張や海外旅行などで飛行機に搭乗する機会が多い人が資格を得るのだが、近年は少し状況が違って「ステイタス修行」という方法を取る人々もいる。

僕も実際にJGC修行、SFC修行を行ってステイタス会員になった経験を持っている。その時の話はJGC修行とSFC修行の5つの後悔という記事に書いてあるので興味があれば読んでみてほしい。

 

JMBダイヤモンド会員の特典

JMBダイヤモンド会員の特典

JALでもANAでもダイヤモンド会員の特典はかなり優秀だ。

専用のチェックインカウンターや優先搭乗、積算マイルが+130%になったりと至れり尽くせりの特典を利用することができる。下記にJALのダイヤモンド会員になると利用できる特典を挙げてみよう。

  • 専用予約デスク
  • ご予約時の優先キャンセル待ち
  • JMBダイヤモンド特典航空券
  • 前方座席指定サービス
  • 国内線 先行予約サービス
  • マイルUPボーナス
  • マイル有効期限の廃止
  • 空港ラウンジのご利用
  • 専用カウンターでのチェックイン
  • プライオリティバッゲージサービス
  • 受託手荷物無料許容量のご優待
  • 空港での優先空席待ち
  • ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場
  • ファストセキュリティレーンのご利用
  • 空港での優先搭乗
  • JALグローバルウォレット 限定カードへの入会
  • 国際線機内販売事前予約
  • 機内Wi-Fiサービスのご利用
  • FLY ON アップグレードパッケージ
  • JALとっておきの逸品 限定商品
  • パイロット体験 航空教室
  • 新羅免税店でのご優待
  • サービスセレクション

細かい特典を省いてもこれだけ出てくる。それくらい囲い込む価値がある「ダイヤモンド会員」とはまさに航空会社にとって「神の領域」のお客様であると言っても過言ではないだろう。

スポンサーリンク



 

ダイヤモンド会員の悪い噂

ダイヤモンド会員の悪い噂

ここまで紹介してきたダイヤモンド会員、実は最近悪いうわさが絶えないのをご存知だろうか?

空港カウンターで欠航便が出た時に…

「なんだと?俺はダイヤモンド会員だぞ!?」

と叫んだ輩がいたりするとのことで、僕も実際にSNSでは結構な頻度で目撃談を見たことがある。他にもこんなツイートを見かけたたので掲載しておこう。

ステイタスが付くと横暴になってしまうというダイヤモンド会員のエピソードを聞くと少し切ない気持ちになる。でも僕にとっては出張族のおじさんが調子に乗ろうが何だろうがはっきり言って…どうでもいいことだ。

それよりも気になるのは一部のダイヤモンド会員にサービスを提供しないといけない立場の…

CAさんはどう思っているの?

ということだ。

思い立ったが吉日、僕は知り合いのCAさんに早速連絡を取ることにした。

スポンサーリンク



 

美人CAが語る「ダイヤモンド会員」とは?

美人CAが語る「ダイヤモンド会員」とは?

僕は久々に友人の美人CAさんを食事に誘い、ダイヤモンド会員について尋ねてみることにした。

彼女は某エアラインの現役キャビンアテンダント、数々の修羅場をくぐり抜けてきたベテランと呼んでよい立場だ。今まで僕は彼女に色々なことを教わってきた。例えばCAさんをデートに誘う方法とか、ハワイ路線の本音などがそれに当たる。

久々の再開を祝いながら、少し酔いが回り始めたところで僕は彼女に切り出してみることにした。

僕「あのさ、ダイヤモンド会員の中に大変な人がいるか聞かせてくれない?」

すると彼女は少し首をかしげて考えた後に、微笑みながらこう言った。

美人CA「あら、おダイヤ様のお話ですね、いいですよ♡」

特にためらうこともなく、彼女は僕にダイヤモンド会員のエピソードについて語ってくれた。

美人CA「例えば…空いている機内で、一番後ろの座席を指定する方にダイヤモンド会員が多いですね」

ダイヤモンド会員の特典の中に「前方座席指定サービス」という特典が存在する。これは誰よりも早く機内前方の座席を指定できるサービスなのにそれを使わないようだ。しかも空いてる機内でわざわざ後ろに座る必要はあるのだろうか?

僕が難しそうに首をかしげていると、美人CAの友人はこう説明してくれた。

美人CA「一部の機材は最後尾の座席にすごくCAに近い席があるんです、今の私とはにゃおさんの距離より近いんですよ」

その時、僕は彼女とカウンターに座って食事をしていた。その距離もかなり近いのだが…

僕「今でもかなり近いと思うけど、これより近いの?」

美人CA「はい、脚が触れそうなくらい近い席があるんですよ」

それから彼女はその一部の機材名称(ボーイングとかエアバスとか)と席の場所、ほぼ脚が触れそうな距離感について丁寧に説明してくれた。彼女が教えてくれた距離のあまりの近さに、ガラガラの機内でその座席を選ぶダイヤモンド会員の気持ちがよく分ってしまった。

美人CA「私たちはそういうお客様が来ると、いつもよりお話してあげちゃうんです♡」

少し酔いが回ったように見える彼女は、そう言った後に悪戯っぽく舌を出して見せた。

スポンサーリンク



 

ダイヤモンド会員の恥ずかしい真実とは?

ダイヤモンド会員の恥ずかしい真実とは?

続いて僕は迷惑なダイヤモンド会員のエピソードを聞いてみることにした。幾つかの象徴的なエピソードが出てきたが、ブログに書ける内容ではないので割愛しよう。

その代わりと言ってはなんだが、美人キャビンアテンダントの友人から面白い考え方を聞くことができたのでそのエピソードを紹介しよう。

美人CA「いつだったかな、3歳の甥っ子がペットボトルの蓋が開かないって怒ってたんです」

僕「あ、うちの娘もそれでキレてたね笑」

美人CA「その姿を見て、私思ったんです。機内で同じような光景見たことあるなぁって…」

僕「つまり、タチの悪いダイヤモンド会員と幼児の癇癪は似ているってこと?」

美人CA

美人CA「そんなふうに考えたらすごくラクになったんです、うふふ♡」

 

ダイヤモンド会員と言えば、大企業の役職者など社会的地位のある人も多いだろう。それでも機内での振舞いは幼児と変わらないと彼女はやんわりと僕に伝えたかったのではないだろうか。

「航空会社のダイヤモンド会員の恥ずかしい真実」

もしも貴方がどこかの航空会社の上級会員、もしくはこれから上級会員になろうとしているのならば…一度、ご自分の胸に手を当ててじっくりと考えてみたほうが良いかもしれない。

※この物語はよくできたフィクションです、あしからず…

 

費用をかけずに大量のJALマイルやANAマイルを貯める裏技

僕は出張族ではないのだが比較的飛行機に乗る機会が多い。普段はビジネスクラスに搭乗しながら今回のように記事のネタを取材している。

家庭もあるし、平均的な会社員なのでもちろんお小遣いは少ない。ではどうしているのか?その答えは…

特典航空券でビジネスクラスに乗っている。

但し、それには大量のJALやANAのマイルが必要になる。「そんなにマイルを持ってないし…」そんな声が聞こえてきそうだが、実はJALやANAのマイルには「飛行機に乗る」「クレジットカードの決済」以外にも貯める裏技が存在する。

JALマイルの残高

上記は僕のJALマイルの残高になるが、これはほとんど飛行機に乗らずに貯めることができた。クレジットカードの決済も利用したが、おそらくこの内の2万マイル程度だと思う。

479,581マイル、大量のJALマイルだと思う。

これだけあれば東京-ロサンゼルス間のファーストクラスの往復特典航空券にほぼ、4回交換することが可能、もちろんビジネスクラスのアップグレードも空席さえあれば思うがままだ。

僕のようにマイルを大量に貯める人を世間では「陸マイラ―」と呼んでいる。そして陸マイラ―がマイルを貯めるために利用するのがJALやANAのマイルが貯まるモッピーというポイントサイトだ。

モッピーは今なら当ブログのバナー経由で登録すると最大3,000円相当のポイントがもらえる。これだけでもJALマイル2,400マイル、ANAマイルだと2,430マイルに交換できるのでぜひ利用してほしい。

↓ここから新規登録で最大3,000円分のポイントがもらえます
モッピーバナー
マイルの貯め方の基本はJALもANAも同じ、モッピーで広告を利用してポイントを貯める。貯めたポイントをJALマイル、ANAマイルのどちらに交換するかで交換ルートが若干変わってくる。

・モッピーでJALマイルを貯める方法はこちら

・モッピーでANAマイルを貯める方法はこちら

・モッピーで貯めたポイントをANAマイルに交換するソラチカルートはこちら

 

マイルでのアップグレードの道にJALカードやANAカードは必須

JALやANAのマイルを大量に貯めれば特典航空券でビジネスクラスに乗るだけでなく、マイルを使ったアップグレードも利用できる。

大量のマイルを貯める方法は上記で解説しているが、その際にJALカードやANAカードを保有することは必須と言えるだろう。何故ならポイントサイトを利用して意図的にマイルを貯めて、なおかつ日常のカード決済でマイルを貯めるのがベストな方法を言える。

JALカードは現在、WEB入会限定キャンペーンでJALマイルが大量にもらえるのでまだ持っていない人はこの機会に発行することをおすすめする。

JALカードの
最新キャンペーン
はこちら
 

基本的には普通カードを持っていれば充分だと思うが、詳細を知りたい人はおすすめのJALカードを比較の記事をご覧いただきたい。

ANAカードについてはANAカードの入会キャンペーンをご覧いただきたい。

 

関連記事

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク



 

8 件のコメント

  • ひどい内容ですね。
    タイトルについては何も語らない釣り記事。
    ネット情報と妄想で書ける。
    なかなかの手間隙だw

    • ちゃんと取材してますよー、妄想がお好きですね。
      でも、コメントありがとうございます。
      煽りコメントでもグーグルがちゃんと認識して評価してくれるので感謝してます(*^^*)

  • いつも読ませていただいております。
    お題から期待していた内容がほとんどなくて残念な記事でした。そのまま黙っておいてもいいかと思いましたが、次を期待してこう考えている読者もおりますというフィードバックをしておきたいと思います。

    • ほしさん
      コメントありがとうございます。
      次はもっと面白い記事を書けるように頑張りますね(#^.^#)

  • はにゃおさん はじめまして。よく調べてありますね。でも、ここの内容はダイヤモンド会員になりたいけど、なったことのないグローバル会員のネット上の知識の域をでてないです。ダイヤモンド会員の最も強力な特典はANAもJALも敢えてHPには書かないのです。なって初めてわかる大切なことがあるのです。私はANAのSUPERFLYERS会員と、JALのグローバル会員を長年やってますが、去年ANAのダイヤモンド会員になってみました。そして元ANAのCAだった妻も初めてプラチナ会員になりました。子供達はヒラ会員なので、全てのステータスのHPを見ることができます。そこで見たものは❗️航空会社って、ここまでやるんだ、とショックを受けました。はにゃおさん、あなたを煽っててることをお許しください。ダイヤモンドの世界へいらっしゃい。そして答えを自分で見つけてください。

    • へたれダイヤモンドさん
      コメントありがとうございます。おっしゃる通り、知識的には私はそんなものだと思います。
      実際にCAさんに聞いた話が面白かったので記事にしました。
      いつかダイヤモンドの世界にいけたらいいなあと思います。

    • もりもりさん
      確かにそうですね!今度ダイヤの友人にもヒヤリングしてみますね(#^.^#)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です