はてなブログからワードプレスへの移行サービスに「神」を見た。そのメリットと注意点。

まず始めに読者の皆様にお礼を言いたい。

こんなブログを読んでくれてありがとう。

ブログを始めて約1年半、大して面白いことも書いていないし、あまり収益もあがっていないけれども皆様の温かい励ましのお陰でここまで続けて来られた。

本当にありがとう。

さて、賢明な読者の皆様はお気づきと思うが先日、はてなブログからワードプレスに移行した。理由は色々あるけれど、自分の中で環境を変えたかったというのが一番しっくりくるかもしれない。

ところが僕はウェブの知識なんてほぼゼロの人間、いざ移行しようと思っても方法が全く分からない。一体どうやって移行したかと言うと

ワードプレス移行の「神」の力を借りた

と言わざるを得ない。

今日はそんな知識ゼロのブロガーが、どうやって「はてなブログ」から「ワードプレス」に移行を完了したのか、そのメリットや注意点を含めて解説したい。

神の力を借りれば誰でもできる、その事実を知れば貴方もきっと踏み切れるだろう。

スポンサーリンク

 

はてなブログからワードプレスへのおすすめの移行サービス

2月某日、僕は今までにないくらい焦っていた。知り合いのブロガーさんが次々とはてなブログから去っていく。それだけならまだしも、その中の幾人かは「カスタマイズ可能な範囲がすごい」とか「表示速度超改善!」なんてツイートをしていた。

一方で僕のブログは相変わらずの低速度で、頑張ってはみたものの少ししか上がらない収益とPVに倦怠感を味わっていた。

 

「環境が変われば習慣が変わる」

 

「習慣が変われば人生が変わる」

 

いつだか、こんな言葉を僕にかけたのは某外資系保険会社の営業マンの友人だった。何を会社に洗脳されているんだと当時は思ったが、今では彼は営業所長になり、アメリカ本社に出張する時はビジネスクラスに乗っている。

そんな友人に比べたら僕の人生は挫折の繰り返しだった。せっかく続けたブログ熱も冷めかけて、日々ツイッターと他人のブログを徘徊する毎日を過ごしていたと思う。

ブログを始めてから楽しいこともたくさんあった。ハピ友が一週間に52人も増えた時は人生やればなんとかなると思ったものだ。それも、今は楽しかった思い出だ。

 

熱が冷めたら終わり
「はにゃお君…熱が冷めたら終わりの人だよね…」

 

若い時にフラれたあの娘に言われたキツイひと言が頭の中でリフレインしていた。何か…何かを変えなければいけない。そう思いながら僕はどうやったら他のブロガーさんのように環境を変えられるかを調べ始めたのだ。

 

はてなブログからワードプレスへの移行は全然簡単じゃない

簡単じゃないブログ移行

調べてみると「サルでも解るワードプレスへの移行方法」みたいなサイトを発見した。

僕でも簡単に移行できるのかとワクワクしながらクリックすると、期待とは裏腹に馴染みのない専門用語が並んでいた。

 

「whois?プラグイン?君たちは一体誰に向けて話しているんだ?」

 

とても初心者がついていける内容じゃない。そんな風に失望と絶望に支配された僕は、いつも通りこう思った。

 

「限界の壁に当たったし、ブログもそろそろ終わりかな…」

 

今までの人生はいつもどこかで壁に当たって来た。勉強も部活も仕事も…僕の能力ではそれを乗り越えることができない。そんなふうに自分のモチベーションの限界を感じていた。

 

ワードプレス移行の「神」との出会い

神との出会い

ところがある日、ツイッターのタイムラインを眺めていた僕はある驚愕の事実に気づいた。

僕のブログはいわゆる「陸マイラ―ブログ」というジャンルに属するが、ほとんどのブロガーさんが「とある人」に移行作業をお願いしていることに気づいたのだ。

僕はおそるおそるその「とある人」のブログをチェックする。するとなんとこんな記事をみつけたのだ。

【無料】はてなブログからワードプレスへの移行サービスについて

今までの人生で「無料」と名の付くものに良い思い出はない。けれどもこの記事の著者、羽田空港サーバーさんは陸マイラ―界では有名なブロガーさんだ。(以下、羽空さんに省略)

【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについて

新手の詐欺か?いや依頼したブロガーさんの反応をみるとそうではなさそうだ。

掲げた看板が本当なら、今の僕にとって羽空さんはまさに「救いの神」になる。はやる気持ちを抑えつつ、僕は連絡を取ることにした。

スポンサーリンク

 
 

神との交渉、そして承諾される

羽空さんとはツイッターで繋がっているが、直接やりとりをしたことがない。ビビり症の僕はドキドキしながらメッセージを送ってみることにした。

僕は誤解されやすいタイプなので、文面なるべく丁寧に、そして簡潔に用件を伝えられるように、自分に文才というものが少しでもあるならその全てを込めて移行依頼のメッセージを送った。

すると羽空さんからこんなメッセージが返ってきた。

羽空さん「引き受けましょう」

それを読んだ僕は大きく息を吸って吐き出した。今から始まる新しい世界への期待感と不安感、その両方に決意を込めて。

これで新世界へ旅立てる、そんな風に思っていると羽空さんから新なメッセージが届いた。

羽空さん「あのー、ブログ記事にある依頼フォ―ムに必要事項を記入してくれませんか…?」

あ、そういう手順…?ロクすっぽ記事の内容を読まずに連絡をしたのがバレバレではないか。汗

注意点:はてなブログからワードプレスへの移行依頼は羽空さんのブログの依頼フォームから行おう。

 

メリットだらけのはてなブログからワードプレスへのブログ移行サービス

移行のメリット

その後の羽空さんの対応は見事だった。僕は指示通りにバックアップを取ったり、サーバーを契約したり、ワクワクしたりしていたが、羽空さんからは淡々と確認事項が送られてきた。

時にはとんちんかんな回答もしたが、「じゃ、こっちでやっときます。笑」と流して進めてくれた。

残念だけど僕には移行作業について、僕が何をしたのかを皆さんに解説することはできない。何をやったかも覚えていない。ただ一つだけ、ワードプレスに移行する工程は飛行機の座席で言うと…

ビジネスクラス並みに快適だったと言える。

羽空さんの対応は常にクール、淡々と進んでいくが事務的な雰囲気は感じない。職人というものはこういうものかと感心しながら、移行作業の完了を待っていた。

時刻は深夜1時過ぎ、もうすぐ移行が完了するのではないかと僕はワクワクしながら待っていた。するとそんな僕の心の中を見透かしたように羽空さんからメッセージが届く。

羽空さん「あのー、今日はそろそろ寝てもいいですか?笑」

そろそろかな?という僕の思いは携帯越しにしっかりと伝わっていたようだ。

注意点:あまり夜遅くに移行をお願いしないこと

 

はてなブログからワードプレスへの移行完了

そして翌日の昼頃、羽空さんより移行完了の連絡が来た。

新しいサイトを開いてみるといつもとは少し違う風景が広がっていたが、間違いなく僕のブログだ。晴れた日も雨の日も、PVが増えても、師匠に怒られても書き続けてきた僕のブログだった…が、少しだけ違った。

 

ひ、表示速度が段違いに早い~!!

 

はてなブログからワードプレスに移行した最初の感想はあまりのスピードの違いに驚いたということだった。

移行してからはカスタマイズを試行錯誤する度に、ワードプレスの自由度に驚かされる毎日だ。肝心のPV数は微増だが、はてなの時よりもずっとおしゃれになったような気がしている。

スポンサーリンク

 
 

ワードプレスへの移行のメリットや注意点

はてなブログからワードプレスに引っ越しをして3週間がたった。今の環境はとても快適でブログを書くモチベーションも一時期のように高まっている。

あの時、感じたままをこんな風に呟いた。

高度な縦読み技法を駆使しているが、皆さんお解りになるだろうか?

羽空さんはまるで旧約聖書のモーゼのように、僕を今いる場所へと導いてくれたのだ。

ワードプレス移行サービス(無料)のメリットは僕のような知識のないブロガーでも、安心して移行できること。そして注意点は羽空さんの対応速度が早いため、簡単に思えるが多分結構大変な作業をしているということだ。

はてなブログはこれからSSL?に本格的に対応すると言う。だからそれが理由でワードプレスに移動する必要はないだろう。ただ、もしも貴方がブログを書くモチベ―ションを高められていないのなら…

 

「ワードプレス移行の神」を頼ってみるのもひとつの手かもしれない。

 

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です