ECナビの攻略法、ANAマイルの交換率は81%。マイルの貯め方や評判と評価、ECナビポイントの価値について

ECナビ評判・評価

ポイントサイトでマイルを貯める時に気になる評判や評価。ECナビは高還元のサイトとして評判を得ている。

ピンポイントで業界最高還元を叩き出すECナビは評価が高く、評判もとても良い。そのため、多くのブロガーがECナビを紹介するようになった。

多くのブロガーに紹介されて、利用者が増えることでECナビの評価や評判も上がり、ECナビポイントの価値も大きく向上したと言えよう。現在、ANAマイルの交換率を81%を保っているECナビの攻略法を紹介していこう。

ECナビとは?友達紹介がお得なポイントサイト、ANAマイルやお小遣いが大量に貯まります

ECナビとは老舗のポイントサイト。企業の広告やアンケートをクリアして現金に交換できるポイントをもらうことができる。ポイントサイトは通称「お小遣いサイト」とも呼ばれる。

ECナビは他のポイントサイトと一味違う。それはANAマイルを大量に貯めることができるところになる。

この記事ではECナビを利用したANAマイルの貯め方を、評判や評価を踏まえて解説していきたい。

ECナビポイントの交換率が81%!ANAマイルを貯める方法の新ソラチカルートに対応!

"ECナビの攻略法

ECナビはANAマイルを貯める陸マイラーをターゲットとして新ソラチカルートに対応している。

これによりANAマイルへの交換率は81%となる。

2018年4月よりソラチカルートが改悪されて、それまで90%で交換できていたANAマイルが81%にまで交換率が下がってしまった。ECナビはその中で堅実に81%の新ソラチカルートを保っている。

新ソラチカルートについてはソラチカルート改悪後の最新対策についてをご覧いただきたい。

ANAマイルが貯まるECナビの評価や評判、当ブログ限定の入会ボーナスとは?

それではECナビの評価や評判はどうなのだろうか?

ECナビはANAマイルへの交換ルート81%を持っているポイントサイト、他のポイントサイトよりも高額な還元率の案件が多く、お小遣い派や陸マイラーからの評価や評判は良い。

ECナビには当ブログ限定バナーから新規登録をすると特別に3,000pt(300円分)のポイントをもらうことができる。

↓新規登録で3,000ポイント(300円分)がもらえるバナーはこちらです。
ECナビ

 

ECナビポイントをANAマイルに交換するために

ECナビで案件をクリアして貯められるECナビポイントの価値は10pt=1円相当の価値となる。つまり10,000ptのECナビポイントの価値は1,000円相当の価値となる。常にゼロをひとつ取って考えるように習慣付けるとよい。

そして貯めたECナビポイントを交換できるのは以下の3つの交換先になる。

・PeX(おすすめ!)
・Amazonギフト券
・iTunesギフト

「これだけ?」と思ってしまったそこの貴方、安心してほしい。PeXには下記のように多くの交換先が用意されている。

ECナビポイントの価値

ECナビポイントからPeXへの交換は100%なので、一旦PeXに交換すれば選択肢がとても広がるので価値も高いというわけだ。ちなみにPeXとECナビは同じ運営会社の事業となっている。

ちなみにANAマイルはPeXに交換したポイントを新ソラチカルートに乗せるという流れになる。これについては記事の中で後述している。

よりANAマイルを貯めるために紹介バナーでECナビポイントを獲得しよう

ECナビでは下記の紹介バナー経由で登録すると3,000pt(300円相当)を獲得することができる。少額かもしれないが、ANAマイルに交換する時に「あと数ポイントあれば…」なんてことにならないように、確実に3,000ptを獲得することをおすすめする。

↓新規登録で3,000ポイント(300円分)がもらえるバナーはこちらです。
ECナビ

ECナビの攻略法~より多くANAマイルを貯める方法~

ECナビでは様々な案件が存在し、そのどれもがANAマイルに81%で交換することができるECナビポイントがもらえる。そして中にはひっそりと業界最高還元率を誇る案件も存在する。

最高還元率の案件とANAマイルへの最高交換率の2つを上手に利用すれば、ANAマイルをより多く貯めることが可能になるだろう。

ECナビポイントの貯め方:クレジットカードの発行

クレジットカード発行

ECナビではクレジットカードを発行することで、ECナビポイントを獲得することができる。年会費無料のクレジットカードを作るだけで100,000pt(10,000円相当)を獲得できるという素晴らしい案件だ。

ECナビポイントの100,000pt(10,000円相当)はANAマイルに交換すると8,100マイルになる。飛行機に乗らずに貯めようと思ったらクレジットカードで10万円のお買い物が必要なマイル数が簡単に貯まってしまうのだ。

ただし、クレジットカードの発行は信用情報を使うので月に2枚までの発行に留めることが必要だ。

ECナビポイントの貯め方:FX口座の開設

FX口座

こちらはFX口座の開設案件、ECナビポイント100,000pt(10,000円相当)前後を目安に利用したい。あくまでもポイントを獲得するためのFX口座なので、獲得条件をクリアしたら取引を終了しよう。ただし、FX口座からの出金はポイントが付与されてからにするようにした方が良い。

ECナビポイントの貯め方:面談やマッサージ

面談やマッサージ

ECナビでは保険や投資の面談、マッサージを受けることでECナビポイントを貯めることができる。日々の暮らしの中でポイントを貯められることが大きな特徴と言えるだろう。

楽天市場、Yahoo!ショッピングのお買い物でもECナビポイントが貯まる!

ECナビ経由楽天市場

ECナビ経由で楽天市場でショッピングをすると、購入額の1%相当のECナビポイントを貯めることができる。「100円で10ptの加算」と表現されていて解りづらいのだが、要するに100円買うごとに1円相当のECナビポイントを獲得することができる。

Yahoo!ショッピングの利用でも1%貯まるので、買い物の際はECナビを経由してから売り場に行くように心がけたいところだ。

ECナビポイントの貯め方:食事やマッサージのモニターでANAマイルを貯める

モニターでANAマイルを貯める方法

業界最高還元から少し離れるが、こちらは覆面モニターの案件になる。飲食店やマッサージなどのお店を選んで抽選、当選後に来店してアンケートを書いて提出するというのが一連の流れだ。モニター案件のお店は居酒屋や焼き肉店などの飲食店からお買い物やマッサージ店まで幅広く準備されている。

クレジットカードの作成やFX案件をやり尽くした感のある人や、あまり気乗りがしない人でも「ご飯を食べてANAマイルを貯める」とか「マッサージを受けてANAマイルを貯める」という方法ならば楽しくできるのではないだろうか?

新ソラチカルートでECナビポイントでANAマイルを貯める方法

上記がECナビポイントをANAマイルに交換する流れになるが、多少複雑になっているため慣れが必要だ。

ECナビ⇒PeX⇒ワールドプレゼント(VISAカードのポイント)⇒Gポイント⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

というルートになる。交換回数は多いが現状では一番効率のよいANAマイルへの交換方法となっている。

評価・評判の高いECナビでのANAマイルの貯め方

旧来のソラチカルートの交換率は90%、それが改悪によりECナビでは81%の交換率になった。

それでもまだまだ高還元、飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」にとって嬉しい。そのためECナビポイントの価値は上がり、評価や評判も良い。

同じような仕組みをJALマイルで実装したのがポイントサイトのモッピーだ。モッピーのJALマイルの交換率は実質80%、それまで50%が平均だったJALマイルの交換率をこちらも劇的に上げた事により、モッピーは一躍陸マイラー界で脚光を浴びることになったのだ。

モッピーを利用したJALマイルの貯め方はJALマイルを効率よく貯める方法「交換率80%」のモッピーがおすすめな理由 を読んでみてほしい。

現状を整理するとANAマイルとJALマイルの交換率が最も高いポイントサイトはこういう選択になる。

・ANAマイル⇒ECナビ(81%の交換率)
・JALマイル⇒モッピー(80%の交換率)

特にECナビはピンポイントで業界最高還元の案件を投入することが多い。

マイルを効率良く貯める方法をとるならば、この2つのポイントサイトは外せない存在となっていくだろう。

↓新規登録で3,000ポイント(300円分)がもらえるバナーはこちらです。
ECナビ

ECナビポイントでANAマイルを貯める攻略法まとめ

ANAマイルを貯める攻略法にECナビは必要なのだろうか?

ECナビはポイントサイト業界で最高還元をだすことが多いという評判のポイントサイトだ。一撃で大量のポイントを貯めるためには重要なポジションと言えよう。

ECナビポイントは使い勝手が非常によいので、その評価は高く評判も良いのが特徴となる。これからの時代こそ、陸マイラーとして有利な条件を活用してマイルを貯めていくべきだ。

ポイントサイト戦国時代に突入した今、ECナビの一撃大量マイルを獲得できる案件が希望となるかもしれない。

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です