JALマイルとANAマイルがいっぱいあったらいいのに…

JAL JGC修行、ANAマイルやJALマイルのお得な貯め方などを綴ります。JGC修行日記やビジネスクラス旅行記、ビジネスラウンジ、ポイントサイトでマイルが貯まるお得な方法など。

follow us in feedly

てるみくらぶの社長の記者会見に物申す~てるみくらぶの事業停止・倒産・破産・全額返金はほぼ不可能か?~

てるみくらぶ山田社長

旅行業界に衝撃が走った「てるみくらぶ」の破産申請が認められた。てるみくらぶの負債額は約151億円とのこと。日本旅行業界から支払われる弁済保障金の金額は1億2000万円が限度と報道されており、3万6千件と言われる申し込みへの99億円の債務は1%しか返済のめどが立たないようだ。

かなりのインパクトがある「てるみくらぶの倒産劇」について山田社長が記者会見を行った。しかし、その内容を聞いても不信感が募るばかりだ。一体、一般旅行者から集めたお金はどこへ消えたのだろうか?

スポンサーリンク

 

 

てるみくらぶの記者会見をみてショックを受けた。経営判断のミスとすら呼べないレベルの立ち回りに最終的には消費者が泣きを見る、最悪の展開だ。さらにはツアー旅行に対する不信感を蔓延させてくれて、真っ当に商売している旅行会社もいい迷惑だろう。なぜこんな事態になってしまったかは僕の知識では測れない。ただ、キナ臭いと言われてもしょうがない記者会見であった。

てるみくらぶに関する前回の記事は「てるみくらぶの事業停止・倒産に思う」を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

新聞広告で収益が悪化したって?

新聞広告

記者会見の内容は全く持って納得がいかない。記者会見の内容は下記の様に報じられている。

www.travelvoice.jp

headlines.yahoo.co.jp

 

なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。山田社長は「一昨年の春から、新聞広告を打ち出しまして、一言で言うと媒体コストがかかりすぎ、経費のかかりすぎということで、それが一番の要因だと思っております」と説明、新聞広告が経営を圧迫し、15年の春ごろから経営状態が悪化したという。

Yahooニュースより

某朝〇新聞に全15段広告、つまり1ページの広告を出した場合にかかる費用はある程度正規の価格で広告代理店を通して東京・大阪合わせてもせいぜい600万円くらいだ。正確な日付を選ばない場合はその半額程度で広告を出すことも可能なはずである。にも拘わらず、「新聞広告が経営を圧迫し」 って一体どれくら広告を出したのか?151億円の負債を出すくらい新聞広告を出せれば、相当割引が効くはずだ。

通常、企業が新規顧客を獲得するために使う費用は、業界にもよるがおおよそ「10,000円/人」だと思う。10,000円損してもライフタイムバリューと言う考え方でその後何年もかけて回収するのだ。

新聞広告はもともと一発勝負のギャンブル性の高い、ダイレクトレスポンス広告だ。だからこそ、獲得単価やその後の計画無しで勧めたなら、経営陣の怠慢か何か別の意図が存在していたという事だろう。

てるみくらぶは新聞広告の媒体コストの増加を倒産理由としている。もしも赤字を承知して2年間、新聞広告を出し続けたとしたら、別の思惑があったとしか考えられない。

スポンサーリンク

 

追加記事はこちらから 

てるみくらぶの倒産で昔経験した取引相手の倒産を思い出した。そのお話はてるみくらぶの倒産に思う〜僕が体験した計画倒産のリアル、経営状態が良くても倒産する理由とは〜を読んでみて欲しい。

www.hanayao.xyz

 

山田社長「詐欺を働く気とか毛頭ない」

詐欺をする人

他にもてるみくらぶの山田社長は記者会見でこんなことを言っている。顧客のことなんてどうでも良くて、この場さえ凌げば…と感じてしまうのは僕だけだろうか。

 

23日の国際航空運送協会(=IATA)への支払いができなくなったとわかったのは前日の22日だったと話した山田社長。しかし、23日には、メールマガジンを配信。同じ日には新聞に大きな広告を掲載していた。経営状態が悪いのにもかかわらずお金を集めていたのではという問いかけに対し、山田社長は「まったくそんなことはなくて、とにかくIATAがダメになったとしても、最後の最後までスポンサーとも掛け合い、銀行さんとも掛け合って、今日このような状態になる、このような結果を招くとまったく考えてもいなかったので」「詐欺を働くとかそういうことは最初から毛頭考えておりません」と説明した。

Yahooニュースより

 

そりゃ、公の場で「詐欺をしようと思ってました」とは言わないだろう。でも直前まで新聞広告で「一括入金キャンペーン」みたいなことをやっていたのだから現金を集めに走っていたのは明らかだ。今後は別の思惑が存在したか否か、厳しい調査が行われることを切に願う。

 

現在、海外にてるみくらぶのツアー客は約2,500人程度?

詐欺をする人

26日現在、約2,500人程度がてるみくらぶのお客様として海外にいる模様だ。それに対して山田社長は記者会見で「自力で対処してもらうしかない」との見解だ。もう、なんというか脱力の極みだ。当たってしまった人は運が悪いとしか言えないだろう。何とか無事に帰って来てほしい。そして、てるみくらぶは事の詳細を開示すべきではないだろうか?

観光庁は、26日の時点で「てるみくらぶ」の客約2500人が38の国と地域に滞在しているとし、安全に帰国できるよう対応を急いでいます。

Yahooニュースより

このようなインパクトのある事件が起きた時こそ、国が主導で困っている人に手を差し伸べてあげて欲しい。

今、海外で困っている人達は運が悪かっただけだから…

スポンサーリンク

 

 

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ