JALマイルとANAマイルがいっぱいあったらいいのに…

JAL JGC修行、ANAマイルやJALマイルのお得な貯め方などを綴ります。SPGアメックスやビジネスクラス旅行記、ビジネスラウンジ、ポイントサイトでマイルが貯まるお得な方法など。

follow us in feedly

中国のATMでクレジットカードが出てこないトラブル事例とその対応~海外旅行にキャッシングは必要か?~

海外ATM

僕は海外旅行に行く時にはキャッシングで現金の引き出しをする。現地のATMでクレジットカードを使ったキャッシングは必要な現地通貨を手軽に手にできる便利なものだ。ところがこないだ中国でキャッシングを試みたら、僕のクレジットカードがATMから出てこないトラブルに遭遇した。

僕はカードを飲み込んだATMを睨みながら考えていた。一体、どうしたら僕は海外旅行でクレジットカードを紛失するトラブルに遭わずに済んだのだろうか?

スポンサーリンク

 

 

海外旅行時には必ず現金が必要になる。例えば中国ではタクシーやちょっとした売店ではクレジットカードは使えない。新幹線に乗ろうとすると外国人はクレジットカード払いが出来ない上にパスポートも必要になる。リゾート地にいくだけならば問題ないかもしれないがリアルなアジアや発展途上国を旅する時には現地通貨を持っている必要性は高いと言えるだろう。

 

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

現地通貨の調達方法

外貨両替

日本から海外旅行に行く際に現地通貨を簡単に手に入れる方法は大きく分けて3つある。もっと賢い方法もあるような気がするが僕が使うのは主に下記の内容だ。

 

1.日本の空港で両替

2.現地の両替商やホテルで両替

3.クレジットカードを使って現地ATMで海外キャッシング

 

1.空港での両替

日本の空港での両替はトラブルを避ける為には一番安全な方法かもしれない。日本の銀行の空港支店なら間違っても金額をごまかされる事はないだろうし、現地についてすぐに現金が使えるという利点も大きい。

難点は空港では両替のレートがあまり良くないことが多い。両替するお店によってはレートにかなり開きがあることが確認されている。また旅行中の滞在費を全て現金で持つと結構な金額になるのも少し不安かもしれない。

 

2.現地の両替屋を利用

日本円を多めに持って行ってそれを現地の両替屋に持っていく方法。僕も若いころはクレジットカードなんて持っていなかったからそうしていた。中・長期滞在している場合は何となくレートの良い店や安心できる店が解ってくるが、短期の海外旅行の場合は店の判別がつかなかったり、お釣りをごまかされてトラブルになる可能性があると思う。これもまた、現金を大量に持っていくと保管にも困るだろうし。

 

3.クレジットカードを使ってATMでキャッシングする

僕は海外旅行の時はいつも現地のATMでキャッシングする。海外に行くときは少量の現金とキャッシング用のクレジットカードを持って出かけるのだ。クレジットカードを使った海外キャッシングは実勢レートが適用されて、両替屋のように手数料を取られる訳ではないのでお得だと思っている。但し、実際に精緻な比較計算をしたことはないのであしからず。

スポンサーリンク

 

 

参考までに三井住友VISAカードの公式サイトには海外キャッシングについて詳しく記述されているページがあるので紹介しよう。色々と注意事項も書いてあるのだけれど、三井住友VISAがキャッシングについては堂々とこう言っている。

為替レートがお得

利用日の実勢レートで換算されるため、銀行や両替商よりも為替レートがお得な場合があります。海外キャッシュサービスの最大のメリットといえるかもしれません。

もちろん、キャッシングですから金利は高くなりますが、これはあくまでも実質年率ですから、翌月一括返済するのであればそれほど気にする必要はないでしょう。

※三井住友VISAカードより

 海外でキャッシング!海外キャッシュサービスを利用するメリット&注意点|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

上記を要約すると「キャッシングの利息なんか気にするな、両替手数料に比べたら大したことないから」ということだ。堂々とこんなことを言ってしまって大丈夫なのかとちょっと心配になる内容ではあるが、天下の三井住友VISAカードが言うのだから間違いないのだろう。

最強クレジットカードガイド2017 (角川SSCムック)

 

新幹線の駅でATMを探してキャッシング

中国の新幹線の駅

今回のトラブルは中国・杭州の新幹線の駅で起きた。あれは夕方の4時くらいだったと思う、杭州観光を終えた僕達は上海に戻る為に新幹線のチケット売り場に1時間ほど並んだ後、スタバでコーヒーを飲みながらその日の夜の行動計画を話し合っていた。

気づくと手持ちの現金が心もとなかったので僕はATMを探しに行った。できれば中国の飲み屋でクレジットカードを使う事は避けたかった。新幹線の駅は恐ろしく広く、やっとの思いでキャッシングできそうなATMを見つけることができた。列車の出発時刻が近づいていたので、僕は少し急ぎながらクレジットカードを財布から取り出した。

スポンサーリンク

 

 

クレジットカードがATMから出てこない??

ATMが故障

僕は長年キャッシング専用クレジットカードとして愛用しているUCゴールドを取り出してATMに差し込んだ。ズブズブズブ…と鈍い音を立てながらUCゴールドはATMに吸い込まれていった。言語は「English」を選んで、暗証番号を入れて、「withdrawal」を選択して金額を打ち込む。するとATMはしばらく考えた後に画面になんと「SORRY…」の文字が表示された。

僕の頭の中は一瞬「???」でいっぱいだ。けれどすぐに状況を理解できた。というのはその1ヶ月間は既にイタリア出張と中国出張に1度ずつ行って、キャッシングしまくっていたのでおそらく限度額オーバーだろうという事だ。

ならば違うカードでキャッシングしようと思ったその時、僕は異変に気づいた。ATMの画面が待ち受け画面に変わったのに、僕のクレジットカードが出てこない…マジ?慌ててATMの取り消しボタンを連打するもクレジットカードは出て来なかった。他のボタンを押したり、機械を叩いても何の反応もなかった。

 

その時、僕が取った行動とは?

紛失ダイヤル

新幹線の時間まであと数分、そしてここは中国という国…それらを考えた僕の取る行動はひとつだった。僕はすぐに日本のUCカードの紛失ダイヤルに電話をした。カード会社の紛失窓口の女性はとても丁寧なスクリプトに沿って対応してくれた。

 

窓口の女性「お客様、海外からお掛けの様ですが電話料金が高額になるのでコレクトコールの準備もございますが?

 

僕は海外から日本に電話をかける時はSkypeを使うので料金は問題ない。それより新幹線の搭乗時刻になってしまい、大陸の人民が我先にとホームに向かい駅は混とんとしてしまっている。まるで海外ドラマのウォーキングデッドのような状況を脱したかった僕は手短に要件を説明して電話を切ることにした。

 

「クレジットカードがATMから出てこないので、すぐに止めてください」

 

この状況を説明するのに必要な言葉はそれだけだった。

スポンサーリンク

 

 

海外でクレジットカードを紛失するということ

紛失

実は僕は海外旅行中にクレジットカードを紛失したのは二回目だった。一回目はインドネシアの片田舎で酔っぱらってATMに行き、キャッシングした後にクレジットカードを受け取り忘れた。ATMはクレジットカードが何十秒か受け取られないと防犯の為に飲み込んでしまうので、僕が慌てて戻った時は既にカードは無い状態だった。

そして二回目の今回は駅のATMでクレジットカードが飲まれてしまった。今回は時間は経過していないので原因は不明、なんだかタヌキに化かされたみたいな気分だ。

海外で僕のようにクレジットカードを紛失するということは時と場合によっては致命傷になりかねない。だから僕はいつも複数枚のクレジットカードを持ち歩くようにしている。今回は友人のオカちゃんと一緒の旅だったので大丈夫だけれど、一人旅のような場合は苦労することになると思う。

友人のオカちゃんとの上海旅行の記事は下記を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

 

自分なりの防衛策を考えてみる

防衛策

僕はどうすればクレジットカードをATMに飲まれずに済んだか考えてみた。

まずはATMのタイプの選別からだ。全体を挿入するタイプでは無くてクレジットカードを半分くらいを差し込むタイプのATMが海外にはあるはずだ。急いでる時などは無理だけど、飲み込まれない為には半差し込みタイプのATMを見つけて選択する以外は方法が見当たらない。

次に時間の余裕を持つこと。新幹線の時刻があそこまで迫ってなければ、ATMの銀行に電話をしてクレジットカードを取り戻せたかもしれない。でも英語圏ならまだしも中国でその交渉をするのは想像しただけで勘弁だ。

後は防衛策として、必ず複数枚のクレジットカードを用意しておくことだろう。実際に僕は4枚くらいクレジットカードを持って海外旅行に行っていた。変わりのカードがあるとなれば気の持ちようが全然違う。また、日本で公共料金や携帯代金などの支払いに使っているクレジットカードは避けた方が良いと思う。失くした時の手間が違うからだ。

今回紛失したのはキャッシング専用のカードだったのでそんなに悩むことなく飲み込まれたクレジットカードを諦めてカード会社の紛失ダイアルに電話をすることができた。ちなみに紛失したクレジットカードはその場で再発行手続きを完了しているので少し待てば復活する。

 

クレジットカードを複数枚準備するためのコツ

クレジットカード

僕は陸マイラーなので10枚以上のクレジットカードを保有しているが、複数枚のクレジットカードを作るにはコツがある。それは1枚あたりのキャッシング枠を大きく取り過ぎないようにする事だ。キャッシング枠の金額についてはカード発行後に調整できる。万が一、紛失した時のトラブル回避にも繋がるので参考にしてほしい。

詳細については忘れてませんか?クレジットカードの審査に関わるキャッシング枠の変更を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

スポンサーリンク

 

 

まとめ:海外ATMでのキャッングの注意点

注意

僕が考え付いた自分なりの防衛策を箇条書きにしておく。もっと良い方法を実践している人がいたらぜひ教えて欲しい。個人的には海外旅行のトラブル(特に中国)では「あきらめ」が最優先だと思っているので、キャッシング専用として使えるクレジットカードを2枚以上持つことをお勧めしたい。

 

・ATMの選別、カード差し込むタイプのATMが望ましい。

・キャッシングは時間に余裕がある時に行なう。

・複数枚のクレジットカードを用意する。

・キャッシング用のクレジットカードは紛失しても問題ないカードに限定する。

・カード会社の紛失窓口はコレクトコールも受けてくれる(要確認)

 

おまけ:ロンドン駐在員の友人に聞いた危機管理方法

ATMと強盗

海外のATMについて記事を書くこともあまりないので、今回の件をある種海外で出会う危機と捉えて、大手企業のロンドン駐在員から聞いた危機管理方法の話を書こう。その友人の会社では海外駐在が決まると危機管理の研修を受けさせられるそうだ。

その研修ではあるビデオを見せられる。あるビデオとは防犯カメラに録画された夜中のATMでお金を下ろそうとして強盗に背後から銃を突きつけられる映像だ。被害者は抵抗して、強盗に打たれてしまう。そのビデオの後で危機管理の講師は出席者にこう問いかける。

 

講師「今の映像で被害者が犯した間違いをあげてください」

 

このビデオについての講師の説明はこうだった。

間違い①:海外で夜中にATMに行くこと

間違い②:ATMを利用する時に周りを警戒する素振りが無かったこと

間違い⓷:強盗に遭った時に全てを捨てきれなかったこと 

 

大事なものを守るために優先順位の低いものを捨てられるようにする物理的・精神的な準備が海外では求められる気がする。僕の友人が海外の危機管理の講師から学んだというこの考え方は、海外旅行に行くときの心構えとして覚えておくべきだと思う。

海外旅行のトラブルについての記事を幾つか書いたことがあるので興味があればぜひ読んでみて欲しい。

www.hanayao.xyz

 

www.hanayao.xyz

 

www.hanayao.xyz

スポンサーリンク

 

 

あとがき

危機管理、と話はかなり飛躍したが海外のATMでキャッシング時にクレジットカードを紛失しても 、予め準備してあればトラブルなんてどうってことないという事をお伝えしたかった。初めてクレジットカードがATMから出てこない時はショックを受けたが、二度目になると驚いても落ち込むことはない、こうしてブログのネタにもなるし…。

きっとこのブログを読む人は海外旅行に興味があると思うので、これから旅をする人は海外のATMごときに楽しい旅行を台無しにされないように準備して楽しんでほしい。

 

それでは皆さん、良い旅を!

スポンサーリンク

 

 

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ