JALマイルとANAマイルがいっぱいあったらいいのに…

JAL JGC修行、ANAマイルやJALマイルのお得な貯め方などを綴ります。SPGアメックスやビジネスクラス旅行記、ビジネスラウンジ、ポイントサイトでマイルが貯まるお得な方法など。

follow us in feedly

2017年12月1日JALとANAの燃油サーチャージが値上げ、その対処法を考える。

JALとANAが燃油サーチャージ値上げ

2017年12月1日よりJALとANAの燃油サーチャージが値上げされる。これは僕のような海外旅行好きにとっては相当痛々しい。燃油サーチャージの値上げ額はいくらなのかと調べてみると、路線によっては3倍に値上げするところもあった。

燃油サーチャージの値上げは海外の行き先によって異なる。今回はJAL(日本航空)とANA(全日空)のそれぞれの値上げ金額を比較してみることにした。

スポンサーリンク

 

燃油サーチャージとは何なのか? 燃料代の急激な変動に対応する措置

 燃油サーチャージとは何なのか

 燃油サーチャージ(ねんゆサーチャージ)とは、燃料とする石油(ケロシン、軽油、重油など)の価格に追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。名称としては、燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金、燃料加算金、燃料課徴金、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージ(英語: Fuel Surcharge)などとも呼ばれる。
燃料価格の急激な変動により契約、または料金表設定時の運賃では、運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置として海運業界が1970年代から導入し、2000年代には航空、陸運業界にも広まった。
料金表を設定し、運行時点での燃料価格に応じた価格をサーチャージとして追加徴収する形式が一般的で、燃料価格が一定以下に下落した場合は徴収しない料金表とする場合もある。

燃油サーチャージ - Wikipedia

燃油サーチャージとは「燃料価格の急激な変動により契約、または料金設定時の運賃では、運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置」ということらしい。もともとは湾岸戦争の原油価格高騰がきっかけで始まった制度になるそうだ。

2016年にJALとANAは燃油サーチャージを一度廃止したが、2017年2月より再び徴収が始まったのは記憶に新しいところだ。

 

燃油サーチャージの値上げはいつからか? 2017年12月1日以降の発券が対象

 

今回の燃油サーチャージの値上げの開始は2017年12月1日以降の発券が対象になる。但し12月1日~1月31日の間の航空券でも、12月1日より前に発券すれ燃油サーチャージの対象外となる。

そのため2018年に予定していた海外旅行の航空券をできるだけ早めに発券してしまう人もいたくらいだった。つまり、今回の値上げは2017年12月1日~2018年1月31日発券分が対象となっているので2017年11月中に発券してしまえば燃油サーチャージの値上げ分は支払う必要はない。

スポンサーリンク

 

JALとANAの燃油サーチャージはいくらなのか?比較してみる

燃油サーチャージの比較

それではJALとANAの燃油サーチャージの値上げ(往復)がいくらなのかを見ていこう。と、言っても今回の値上げには事実上JALとANAの金額に差異はない。グアム・サイパン方面だけは全日空が就航していないため、JALのみが燃油サーチャージの値上げとなっている。

・アジア方面の値上げ料金

行き先 航空会社 燃油金額 値上げ
韓国 JAL・ANA 400円⇒600円 1.5倍
香港 JAL・ANA 1000円⇒3000円 3倍
台北 JAL・ANA 1000円⇒3000円 3倍
中国 JAL・ANA 1000円⇒3000円 3倍
シンガポール JAL・ANA 3000円⇒6000円 2倍
シンガポール JAL・ANA 3000円⇒6000円 2倍
シンガポール JAL・ANA 2000円⇒4000円 2倍
ジャカルタ JAL・ANA 4000円⇒8000円 2倍
ホーチミン JAL・ANA 2000円⇒4000円 2倍
クアラルンプール JAL・ANA 3000円⇒6000円 2倍
デリー JAL・ANA 4000円⇒8000円 2倍

アジア方面の燃油サーチャージの値上げは最大で3倍の料金がかかる。3倍になるのは香港・台北・中国の3方面だ。ジャカルタやデリーは2倍の値上げとはいっても金額に直すと4,000円の値上がりとなる。

 

・ヨーロッパ方面

行き先 航空会社 燃油金額 値上げ
ロンドン JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
パリ JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
フランクフルト JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
その他ヨーロッパ JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
その他中東 JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍

 ヨーロッパ方面は全て2倍の値上げ幅となっている。飛行距離が長いだけに原油価格の上昇に左右される路線ということだろうか。冬のヨーロッパ旅行を考えていた人にとってはショックも大きいだろう。

 

・アメリカ・カナダ方面

行き先 航空会社 燃油金額 値上げ
ロサンゼルス JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
ニューヨーク JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
サンフランシスコ JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
シアトル JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
ボストン JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
バンクーバー JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍

 

・オセアニア・ビーチ方面

行き先 航空会社 燃油金額 値上げ
ホノルル JAL・ANA 4000円⇒8000円 2倍
グアム・サイパン JAL 2000円⇒4000円 2倍
シドニー JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍
その他オセアニア JAL・ANA 7000円⇒14000円 2倍

ビーチ方面にはホノルルが含まれている。2倍でも4,000円と少し低めに感じるが、例えば家族4人でハワイ旅行に出かけるとすると4,000円×4=16,000円になる。

僕は2月にハワイ旅行を考えていたが、燃油サーチャージの値上げの内容を聞いて尻込みしてしまう値上がり金額と感じた。 

スポンサーリンク

 

燃油サーチャージの値上げの対処法

今回の燃油サーチャージの値上げに対して抗える方法は無いものかを考えてみた。ハワイに家族旅行に行くという前提で、可能な方法は下記のように考えられる。

 

11月30日までにハワイ行き航空券を発券する

ハワイを予約

繰り返すが燃油サーチャージの値上げは2017年12月1日発券分からになる。その為、11月30日までにハワイ行き航空券を発券できれば燃油サーチャージを回避することができるのだ。

この記事を書いているのは11月29日の夜、残された時間はあとわずかだ。さすがにあと1日で旅程を全て決めるのは厳しい…。

 

燃油サーチャージを撤廃したエアアジアでハワイに行く

エアアジアでハワイ

LCCのエアアジアは燃油サーチャージを廃止しているため、そもそも燃油サーチャージそのものが適用されない。だから今回の値上げの影響も受けないことになる。

エアアジア全グループで燃油サーチャージを廃止 | エアアジア

エアアジアは関西国際空港‐ホノルル路線を運航しているが、せっかくハワイ旅行にLCCで行くのはなんとなく気が引ける。できれば日系エアラインがいい、僕はJAL派なのでJALで行きたいものだ。

スポンサーリンク

 

特典航空券で航空券代を節約して燃油サーチャージは支払う

燃油サーチャージは支払う

こうなると僕が選ぶ選択肢は「特典航空券」になるだろう。なぜならJALやANAのマイルは飛行機に乗らなくても大量に貯めることが可能だからだ。

実際に僕はJALマイルを18万マイル貯めて家族でハワイ旅行にビジネスクラスで行ったことがある。その時の記事はハワイ旅行に家族でビジネスクラスで行く夢~JALマイルをビジネスクラスの特典航空券に交換~を読んでほしい。

 

飛行機に乗らずにJALやANAのマイルを大量に貯める方法

f:id:hanyao:20171130004348p:plain

燃油サーチャージの値上がりを気にするよりも、実はJALやANAのマイルを貯める方が海外旅行代金の節約になる。先に説明したハワイ旅行ではビジネスクラス3席で約60万円くらいを節約することができた。それもほとんど費用をかけずにマイルを貯めて。

「嘘だ」とか「怪しい」と思ってもいいから、一度だけ下記のリンクの記事を読んでもらえればカラクリが解るだろう。そして貴方が幸せになるチャンスかもしれない。

 

・JALマイルの貯め方

JALマイルの貯め方はJALマイルの貯め方・無料で180,000マイル以上のJALマイルを1年間で貯めるお得な貯め方を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

 

・ANAマイルの貯め方

ANAマイルの貯め方は無料でANAマイルを貯める方法〜ANAマイルが大量に貯まるお得な貯め方を公開を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

 

燃油サーチャージを気にするよりもJALとANAのマイルを貯めよう

JALとANAのマイル

燃油サーチャージの値上げは一般の旅行者の財布を直撃するし、コントロールできるものではない。しかしJALやANAのマイルを貯めることは自分の努力次第でコントロールができるのだ。

僕は上記の記事の方法で1年間でJALもANAも20万マイル以上を貯めることができた。

 

「JALとANAのマイルには夢がある」

 

僕はいつもそう思っている。普通のサラリーマンの僕がビジネスクラスに乗ってハワイに家族旅行に行くなんて想像したこともなかったからだ。

燃油サーチャージの値上げがきっかけで、知る人ぞ知るマイルの運用方法に気づいたのであれば…それをぜひチャンスと捉えてほしい。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

   

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ