ANAマイルがいっぱいあったらいいのに…

JAL JGC修行、ANAマイルやJALマイルのお得な貯め方などを綴ります。JGC修行日記やビジネスクラス旅行記、ビジネスラウンジ、ポイントサイトでマイルが貯まるお得な方法など。

follow us in feedly

初心者陸マイラー育成日記⑳~オカちゃん上海へ行く。アメックスゴールドのラウンジよりもJALグローバルクラブのメリットを堪能した門出~

おかちゃんでGO

僕は今、オカちゃんと上海にいる。オカちゃんは自慢のアメックスゴールドカードで人生で初めての中国元のキャッシングを試みるも失敗した。何度やっても「暗証番号が違います」との表示に「アメックスゴールドカードも大したことあらへんですな」と言うオカちゃん。

アメックスゴールドのせいでは無いぞ、暗証番号を忘れた君が悪いんじゃないか?と思いながら僕はオカちゃんに2,000元を貸してあげた。今回のお話はそんなオカちゃんの上海旅行の門出にJALグローバルクラブのメリットを経験してもらったお話だ。

スポンサーリンク

 

 

「ワイは修羅場をくぐって来てますがな」と自分を大きく見せるのが好きなオカちゃんだが海外旅行の経験はほとんどない。アメックスゴールドカードのお陰でANAマイルを20万マイルほど持っているが使う方法もよく解っていない。そんなオカちゃんとの上海旅行の門出に、僕はJAグローバルクラブのメリットを体験させてあげることにした。そしてJALグローバルカードのメリットについて、オカちゃんは意外なところにメリットを感じるようだった。

 

前回までの記事はこちらから

このお話はリアル友達にポイントサイトの仕組みを使ったマイルを大量に貯める方法を教えてあげたらどうなるかな?と思うところから始まった。怪しい関西弁を使いこなす僕の友達のオカちゃんは義理と人情とセコさが売りの30代半ばのナニワ金融道に出てきそうな男性である。初めての中国で初めてのキャッシングを試みたオカちゃん、自慢のアメックスゴールドカードは残念ながら機能しなかったようだ。

中国の人々のお金に対する価値観について書いた記事は教科書が教えてくれない中国を読んでほしい。

www.hanayao.xyz

 

 

過去の記事は初心者マイラー育成日記シリーズのリンクをクリックしてほしい。よく間違えられるが、オカちゃんは実在の人物で僕が書く記事は実際に起きたことだけである。

 

今回の上海旅行に向けて僕が書いた記事はオカちゃんJALで上海へを読んで欲しい。アメックスゴールドカードでANAマイルを大量に保有しているオカちゃんがわざわざJALを選んだ理由と旅の展望について解説している。

www.hanayao.xyz

 

↓応援の意味を込めてポチっとしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク

 

 

旅の始まりはビジネスカウンターから

ビジネスカウンター

今回の旅の始まりは羽田空港国際線のJALグローバルクラブのチェックインカウンターからだ。オカちゃんはエコノミークラスのカウンターの列を横目に見ながらこんなことを言う。(もっともエコノミーもそんなに混んでなかったが)

 

オカちゃん「ワイもビジネスクラスにアップグレードされまへんやろか?」

 

僕は「されるわけないだろ」と思いながら口には出さずにパスポートをJALの女性スタッフに渡した。すると、女性スタッフは「オカちゃん様、もう少し前の方のお座席も空いておりますが如何なさいますか?」と提案してくる。

オカちゃんは一瞬、ビジネスクラスにアップグレードされるのかと思ったらしいが、結局は脚が伸ばせるエコノミー席への変更だったので少しがっかりしていた。でもこちらから要求したわけでもないのに広い席にしてくれることは普通はない。JALを全く利用していないオカちゃんは早速JALグローバルクラブのメリットを体験したというわけだ。

 

オカちゃん、プライオリティレーンでめちゃ感動

保安検査場

この日の保安検査場は少しだけ混雑していた。所用時間は10~15分程度と言ったところだろうか?僕はオカちゃんを連れて並ぶ必要のないプライオリティレーンへと進んだ。オカちゃんは「これは楽ちんですな~」と喜んでいたその時に僕らの後ろで事件は起こった。ビジネスマンとプライオリティレーンの警備員のこんな会話が聞こえて来たのだった。

 

ビジネスマン「ここ通れる?俺ビジネスクラスに乗るんだけど」

 

警備員「お客様、申し訳ありません。こちらは各航空会社の上級会員様のみ御通行できます」

 

ビジネスマン「え?ビジネスクラスじゃダメなの?汗」

 

警備員「はい、左様でございます。航空会社のステイタスが必要です」

 

このやりとりを聞いた時のオカちゃんの恍惚の表情を僕は一生忘れない。仕事のできそうなビジネスマンが高いビジネスクラスのチケットで出張するのに、それだけでは利用できない特別な通路…それがプライオリティレーンだと気づいたのだ。「そしてワイはここを通れる」そんなところだろう。オカちゃん、ここはアメックスゴールド見せても通れないからね。

スポンサーリンク

 

 

サクララウンジでは意外なところがヒット?

たばこを吸う人

その後はお決まりの様にサクララウンジへ。アメックスゴールドを使ってカード会社の空港ラウンジしか利用したことのないオカちゃんはこんな風に大喜びだった。

 

オカちゃん「待ち時間のくつろぎレベルが段違いですわな!」

 

僕が大好きなJALカレーもオカちゃんに勧めてあげたが反応は微妙だった。オカちゃん曰く「美味しいけどカレーは所詮カレーですわな」との事。サクララウンジから叩き出してやろうかと思ったけど、味覚って人それぞれだからしょうがないと思うようにした。

サクララウンジでオカちゃんが一番喜んだのはなんと「喫煙所」だった。

 

オカちゃん「ワイは喫煙者ですが、煙は嫌いなんですわ」

 

言葉の意味がよく解らないが、どうやら2重の扉で外に煙が漏れにくくなってたり、内部に煙がこもりにくくなっている所をオカちゃんは気に入ったみたいだ。後でオカちゃんは免税店でアメックスゴールドを使ってタバコを購入していた。煙が嫌いならタバコを止めればいいのに…。

サクララウンジについて僕が過去に書いた記事はこちらを読んでほしい。

www.hanayao.xyz

 

www.hanayao.xyz

 

 

キャセイラウンジにて担々麺に舌鼓

舌鼓を打つ人

ワンワールドのステータス会員の資格があればキャセイパシフィックのラウンジにも入れる。ホテルオークラが運営しているというキャセイラウンジにオカちゃんを連れて行った。そこでは噂の担々麺を一緒に堪能した。ここの担々麺は美味い、どれくらい美味いかというと上海に着いてからもオカちゃんはキャセイの担々麺の話ばかりしている。

 

オカちゃん「あれは美味いですわ、もっと量があればええのに」

 

お1人様1回限りじゃないと思うから、何度でも頼みなよとアドバイスしといた。もっともオカちゃんが次にいつキャセイラウンジに行くかは知らないけれど。

スポンサーリンク

 

 

優先搭乗サービスからの機内格差?

割り込み

JALグローバルクラブの空港メリットを堪能する最後のメニューは優先搭乗だ。これももちろんアメックスゴールドでは不可能だ。僕と一緒にサファイアの列に並んでまるで上級会員のように振舞って搭乗するオカちゃん。

彼のLLサイズの態度の裏側はビビりまくってるのを僕は知っている。だから温かく見守ってあげた。オカちゃんは機内に入って僕の座席1A(スタッガードシート)をちらりと見て進んでいく。そしてすぐにこんなLINEが来た。

 

オカちゃん「機内格差の壁を感じましたわ…」

 

オカちゃん、その気持ちはよく解る。僕だっていつもビジネスクラスに乗ってる訳じゃないからね。まずは陸マイラーとして頑張ろう。

JALのビジネスクラスの体験記はこちらを読んでほしい。

www.hanayao.xyz

スポンサーリンク

 

 

まとめと入国カードについて

ワガママなオカちゃん

こうして僕が普段ルーティンとして回しているJALグローバルクラブの空港でのメリットを一通り経験してもらった。空港ラウンジと言えばアメックスゴールドで入れるカード会社のラウンジしか知らなかったオカちゃんには新鮮な経験だったと思う。僕はドキドキしたり感動しているオカちゃんを見て、自分が初めてJALグローバルクラブのメリットを経験した時の気持ちを思い出した。

3時間のフライトの後、上海に着いた。僕は1Aに座っていたので1番最初に飛行機を降りてオカちゃんを待つ。オカちゃんもエコノミー最前列だったのですぐに現れた。イミグレーションの列にもすごく前の方に並べたので良かったと思ったその時、オカちゃんが僕に「白紙の入国カード」を見せてきた。

 

オカちゃん「これ書かかなあかんですか?」

 

僕達はほぼ最前列にいたイミグレの列から外れて入国カードを書いた。そして最後尾に並び直さなければならなかったのだ。そしてオカちゃんは笑顔でこう言った。

 

オカちゃん、入国カードは機内で書くんだよと言おうとした時に屈託のある笑顔でオカちゃんにこう言われた。

まったくもう

 オカちゃん「そんなもん書かなあかんて、はにゃおさんに教わってないですわ」

 

僕は30代も半ばのワガママなおっさんに手取足取り教える趣味はない。最初で最後のオカちゃんとの海外旅行、波乱の幕開けとなった。

スポンサーリンク

 

 

↓応援の意味もこめてポちっとお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ